スタッフブログ

  • 【Study】適切な部屋の広さの導き出し方
    image

    せっかく家を建てるんだから、

    これからの暮らしに困らないように

    収納もたっぷりと欲しいし

    なるだけ家も広くしておきたい・・

    誰もがそうお考えになると思います。

     

    もちろん、

    予算的に問題ないのであれば

    広さも含めてやりたいことを

    詰め込んだ方がいいと思うのですが、

    なかなかそういうわけにはいかない

    という厳しい現実に直面している方も

    決して少なくないのではないでしょうか。

     

    ましてや現在は、

    資材高騰の影響を受け

    20%ほど建築費が上がっているので、

    広さに関しては

    グンと削らないといけなくなっている

    というのが率直な感想です。

     

    そんなわけで今回は、

    「適切な広さ」というテーマで

    お伝えしていきたいと思います。

     

    おそらく、ほとんどの方に

    「確かにそうだよねー」と

    共感いただける内容であるとともに、

    この内容をご理解いただくと

    自然と家のコストを

    縮めることが出来ると思うので、

    ぜひ最後まで

    お付き合いいただければと思います。

     

     

    では、早速1つ1つ

    広さや必要性について

    検証していってみましょう!

     
    ✔寝室の適切な広さ


    今は、寝室に隣接してか、

    あるいは寝室からそう遠くない場所に

    ウォークインクローゼットをつくるのが

    スタンダードになっているし、

    かつ、テレビ離れが加速していることから、

    わざわざ寝室にまでテレビを置かないか、

    あるいは、置くとしても場所を取らない

    壁掛けにされる方が多いため、

    寝室には基本ベッドしか置かない

    という方が圧倒的多数だと思います。

     

    となると、

    置くベッド寸法と台数さえ

    あらかじめ分かっていれば、

    自ずと寝室の広さをどれくらいに

    すればいいのかが分かります。

     

    例えば、置くベッドが

    セミダブルが2台だとしたら、

    ベッドが締める面積は

    横2m40cm(1m20cm×2台)、

    縦2mということになりますが、

    実は6帖あれば、

    これらを置くことが出来ます。

     

    6帖という広さは、

    3m51cm×2m60cmだからです。

    つまり、3m51cmに対して

    2m40cmを置けば

    1m11cmも余白が出来るし、

    2m60cmに対して2mを置けば

    60cm余白が出来、

    通るだけならそれだけで

    充分なスペースが出来るからです。

     

    そんなわけで

    寝室の広さを決める時は、

    このように考えていただければと思うし、

    子供部屋に関しても

    同じように考えていただければ、

    闇雲に大きくすることも

    なくなるかと思います。

     

  • 【Study】収納と建築コストの関係性
    image

    建築コストが高止まりしている現在、

    少しでもコストを抑えながら

    家を建てるためには、

    家の面積を抑えることが

    欠かせない要素なのですが、

    そのためには図面の見方を

    知っておく必要があります。

     

    というのも、

    平面図(いわゆる間取り図)を

    上からずっと眺めていると

    部屋は狭いような気がしてくるし、

    収納に至っては

    少ないような気しかしないからです。

     

    つまり、その不安から

    本来縮めないといけないのに、

    逆に広げてしまう可能性が

    高くなってしまうんですよね。

    で、限界ギリギリまで

    ローンを組まざるを得なくなります。

     

    そのため、今回は

    図面の見方について

    お伝えしていきたいと思います。

     

    といっても

    そんな大袈裟なことじゃなく

    ただ単に、

    実際そこに立っているつもりで

    図面を見るようにしていただく

    だけなんですけどね!

     

    例えば、収納のポテンシャルは

    「床面積」というよりは、


    「壁面積」によって違ってくるのですが、

    これを知らないまま家を建ててしまうと

    単純に「床面積」だけを

    増やそうとしてしまいます。

     

    そして床面積を増やした代償として

    建築コスト上昇のダメージを

    モロに食うことになります。

    2帖の収納を追加でつくれば、

    単純に70〜80万円ほど

    コストアップするという感じですね。

     

    まー、2帖もの収納を追加でつくると

    入り口をどこにつくるかでも

    分量は変わってくるものの、

    一般的には1段あたり2.93m

    物が置けるようになるので、

    仮に棚板を4枚設置したとしたら

    5段トータルで14.65mも

    物が置ける場所が増えるので

    かなりな収納アップにはなるんですけどね。

     

    これが「床面積」増加による

    収納力アップという方法ですね。

     

    一方で

    「壁面積」を上手く使えば

    コストを増やすことなく

    先程の床面積アップと同等か

    あるいはそれ以上に収納力を

    アップさせることが出来ます。

     

    例えば、6帖のお部屋は

    長手方向が有効寸法で3m51cm、

    短手方向で2m60cmの部屋ですが、

    この短手方向に窓をつくらず

    一面を壁にした場合、

    この壁面全てを収納として

    使うことが出来るようになります。

  • 【staff diary】★豊田さんに密着★
    image

    みなさんこんにちは、エイジングハウスの田代瑚白です🌞

    今年ももう残り2ヶ月となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

     

    今回は、エイジングスタッフの営業担当・豊田さんのお仕事風景を紹介するブログです!👏
    普段から明るくみんなを笑わせるムードメーカーの彼ですが、実際にどんな仕事をしているのか、覗き見したいと思います。

    この日は、朝からお打ち合わせの予定です。
    建築家の先生と練りに練ったプランのお見積り説明の日ですので、
    気合を入れてパリッとスーツ姿でお客様をお出迎えします✨
     

     

    お打ち合わせ後には、お客様と一緒に記念撮影です。
    なんとなんと!豊田さんの顔にトンボが被るという奇跡の一枚が撮れました😂😂😂
    これにはスタッフ一同とっても和みました(笑)

  • 【staff diary】「わたくし事ながら・・・」
    image

    みなさまこんにちは(^^)
    エイジングハウス アドバイザーの山口愛です!

    実は10月26日昨日が私の40歳お誕生日でございました☆
    たくさんのお祝いの言葉をいただき、本当に感謝でございます!!

    長女が15歳なので・・そりゃぁ自分も歳をとるはずだ。。。。
    と、素直に受けてめております。
    そして、より自分磨きを頑張ろうと決意した次第です!


    話は変わって、先日R+house全国大会へ行ってまいりました。

     

    品川プリンスホテルにて加盟店250社と、マイスターズクラブに所属する建築家の先生約100名が終結して、
    「より良いお家づくりとは」というテーマで学びの時間がありました。
    また、より多くのR+houseを建築しているという事で、関西地区第1位を表彰していただきました!!

    「高気密高断熱風」「耐震等級3相当」のお家ではなく、しっかりと第三者機関による証明書を取得し、
    お施主様にとって建てることが目的ではなく、住んでから幸せを感じていただける そんなお家づくりが引き続き
    できるように、これからも愛と真心をもってお家づくりを進めていきたいと、改めて思いました。

    これからお家づくりをご検討されていらっしゃる方、いきなり土地を買わず、かならず相談してくだいさね!
    お家づくりはチームプレーです!!信頼できるパートナーをしっかり見つけていきましょう!!!

  • 【Study】一戸建てしか果たせない役割
    image

    いくつかの原発が再稼働することになると

    電気料金の値上がりは

    若干緩和されるかもしれませんが、

    とはいえ、今後も

    電気料金は値上がりの方向で進むと

    考えておいた方がいいと思います。

     

    というのも、

    脱炭素と電力供給の安定のために

    今後もさらに太陽光発電をはじめとした

    再生可能エネルギーが普及していくため、

    電気料金に上乗せされている

    再エネ賦課金はますます高くなっていくし、

    自動車のEV化が本格的に進んでいけば、

    さらに電気の消費量が

    上がることが予想されるし、

    なにより火力発電は

    液化天然ガスを燃やすことによって

    電気をつくっているため、

    その比率が減らないということは、

    地球温暖化がもっと進むことになり、

    結果、冷暖房の使用量が増えることが

    予想されるからです。

    そのため、私たちは

    高騰が予想される電気料金への対策を

    早いうちから講じなければいけないのですが、

    では一体どうすればいいのでしょうか。

  • 【staff diary】近況報告!
    image

    こんにちは😊
    エイジングハウススタッフの河村 真奈江です!

    最近は、段々と秋の気配を色濃く感じるようになってきました🍁
    皆様いかがお過ごしでしょうか。


    私の近況報告をさせていただきます(*/ω\*)
    9月頃から、インスタグラムのストーリーズなどを投稿する、広報の仕事を任せていただくようになりました!

    採用活動の打ち合わせ隠し撮り写真(笑)

  • 【Study】投資と生活費とゆとり費と
    image

    本気で貯蓄や投資をするなら、

    収入から支出を差し引いた残りを

    貯蓄や投資に回すのではなく、

    まずは貯蓄や投資に回すお金を差し引き

    残ったお金で生活するという

    スタンスにした方がいいと言われています。

     

    つまり

    「収入ー支出=貯蓄(投資)」ではなく

    「収入ー貯蓄(投資)=支出」にすべきだ

    ということなんですが、

    個人的には、これから家を建てる方には

    この法則に従ってライフプランを

    組んでもらいたいと思っています。

     

    というわけで今回は、

    貯蓄や投資を優先することを

    前提とした場合、

    家づくりをどのように

    考えたらいいのかについて

    お伝えしていきたいと思います。

     

    あくまで個人的な価値観であり、

    賛同出来ない方もいるとは思いますが

    とりあえず最後まで

    お付き合いいただければと思います。


    それでは、よろしくお願いいたします。

    固定費の考え方

     

    「支出」の中には、

    生活していく上で最低限必要な費用と

    遊びに行ったり好きなものを買ったりする

    ゆとり費用の2つがあります。

     

    そのため「収入ー貯蓄=支出」

    という選択をとった場合、

    もちろんいずれも

    削らざるを得ないのですが、

    この場合、より優先して削るべきは、

    生活していく上で最低限必要となる

    費用の方ではないでしょうか。

     

    ゆとり費を大幅に削るとなれば、

    旅行はおろか、遊びに行くことも出来ない、

    好きなものを全く買うことが出来ない、

    趣味や楽しみを満喫することが出来ない

    など、なんだか窮屈な人生に

    なってしまいそうですからね。

     

    子供と過ごすかけがえのない時間に

    全力を注ぎ込もうとすれば、

    それなりに費用がかかるわけですしね。

     

    そのため、個人的には

    生活していく上で最低限かかる

    費用を見直すことをオススメしています。

    では、そのためにどうすればいいのか?

     

    生活費には

    かかる費用が毎月変動する変動費と

    かかる費用が毎月同じの固定費の

    2つが存在しますが、

    私が出来るだけ抑えるべき

    だと考えているのが

    後者の固定費の一部である

    「住居費」と「車」です。

     

    実際、私自身も

    もともと車にこだわらないというか、

    固執しないこともあって、

    車にかけるコストを

    出来るだけ抑えられるように

    最近はやりの電気自動車一択にしています。

     

    また、家に関しても、

    家を建てる仕事をしている私が

    こんなことを言うのもなんですが、

    マイホームには華美な装飾や

    過度な設備を採用していません。

    結果、毎月の返済額は

    以前住んでいたアパートの家賃と

    あまり変わらないです。

  • 【staff diary】サンゲツのオフィス見学に行ってきました
    image

    みなさんこんにちは。

    エイジングハウスの濱 稚菜です。

     

    先日、知り合いのクロス屋さんに誘っていただき、サンゲツさんのオフィス見学に参加させていただきました。

  • 【Study】家づくりに潜むリスクとヘッジ対策
    image

    2024年以降に新築した家に

    入居することになる方は、

    少なくとも省エネ基準を

    満たした家にしていないと

    住宅ローン控除が

    適用されなくなるとのことです。

     

    住宅ローン控除とは、

    新築してから13年の間

    借入金額の年末残高の0.7%を

    上限に税金を還付してくれる制度で、

    仮に銀行から借りたお金が3500万円で

    1年目の年末残高が3400万円だとしたら

    3400万円×0.7%=23.8万円を上限に

    税金を返してくれるということですね。

     

    年収が500万円で

    払った所得税が15万円だとしたら

    年末調整の時に全額国が返してくれて、

    控除しきれていない分(8.8万円)は

    住民税から控除されるというイメージです。

     

    そして13年間を合計すると

    もちろん所得や借入によっても違うのですが、

    260万円から±40万円ぐらいの

    税金が返ってくるという感じですね。

     

    そのため、これから家を建てる方は、

    最低でも省エネ基準を満たし、


    出来ればZEH基準もしくは

    長期優良住宅・低炭素住宅を満たした

    住まいにしなければいけないのですが、

    もちろん、そうなれば

    申請費用とグレードアップ費用で

    家の価格は高くなってしまいます。

     

    現在の資材高騰による

    コストアップと合わせると

    コロナ前と比べると

    ざっと500万円〜600万円アップ

    といったところでしょうか。

     

    結果、コロナ前までは

    1500万円で建てれていた家は

    2000万円〜2100万円となり、

    2000万円で建てれていた家は、

    2500万円〜2600万円となり、

    2500万円で建てれていた家は、

    3000万円〜3100万円に

    なってしまったという感じです。

     

    要するに、

    これから家を建てる方は、

    もはや1000万円代で家を持つことが

    出来なくなってしまった

    というわけですね。

     

    これを受けて

    家を建てる方と私たち住宅会社が

    共に知恵を絞って

    考えなければいけないことが、

    これだけのレベルの負担増を

    どうやってヘッジしていくのか

    ということです。

     

    500万円予算が上がったのは

    仕方ないからと、

    単純に借入を増やすという選択を取れば

    15,000円も負担が増えてしまうだけ

    ですからね。

  • 【Study】光と色の特性を活かす
    image

    安定した状態で

    家の中を明るく保ち続けるためには、

    直射光と天空光を

    上手に使い分けた方がいいということを

    前回お伝えさせていただいたのですが、

    入ってきた光を効率よく

    家全体に拡散していくための工夫も

    同時に必要なことです。

     

    例えば、弊社では、

    室内の壁のほぼ全てを

    「白」で仕上げるようにしているのですが、

    この理由は「白」が最も光を反射し、

    拡散してくれる色だからです。

     

    また、壁同様に天井も

    基本「白」で仕上げるようにしています。

    もちろん、光の拡散効果を狙ってです。

     

    さらに、室内に使用するドアも

    壁同様に「白」を基本としているのですが、

    これに加えて、室内のドアは全て

    凹凸のないフラットなデザインにしつつ、

    天井と高さをそろえるようにしています。

     

    理由は、壁とドアを一体化させた方が、

    空間がよりスッキリと見えること、

    そして、天井と高さをそろえれば

    ドアの上に出来る垂れ壁がなくなり、

    抜け感が出ると同時に、

    反射光をより遠くまで

    運んでくれるからです。

     

    こうして天空光を中心に

    採り込んだ優しい光を

    家全体に拡散させていく

    という感じですね。


     

    このように安定した状態で

    明るさを保ち続けるためには

    間取りだけじゃなく

    仕上げにも工夫を施すのですが、

    弊社の家の特徴である中庭の


    壁を白で仕上げていることが多いのも、

    もちろん光の反射効果を狙ってです。

お気軽にお電話・メールにてご相談下さい。
勉強会・相談会へのご参加も、スタッフ一同心よりお待ちしております。

TEL:0120-12-2439

イベント案内無料個別相談会

無料個別相談会

E-BOOKダウンロード

totop