スタッフブログ

  • 【Study】固定資産税について
    image

    土地・建物を所有すると、

    管轄の市町村に「固定資産税」を

    納付しなければいけません。

    (毎年4〜5月に納付書が届き、

    一括で支払うか分割で支払うかを

    選択出来ます)

     

    それゆえ、

    たとえ家賃と同じ金額で

    住宅ローンの返済を組めたとしても、

    それは決して家賃並みの支払いで

    家を持てたわけじゃないので、

    まずはその点に注意しなければいけません。

     

    これに加えて、火災保険の金額も

    賃貸の時よりも高くなるし、

    家を所有すれば、

    維持管理費用も必要になるわけですしね。

     


    今回は、固定資産税について、

    お伝えしていきたいと思います。

     

    結論から申し上げると、

    土地も家も必要以上に大きくすると、

    固定資産税が高くなるだけなので、

    なるだけ小さくすることを心がけながら

    家を建てるようにしてください。

     

    面積が広くなれば

    その分高くなるのはもちろんのこと、

    軽減措置の幅も小さくなり、

    その分、税額が割高になってしまうからです。

     

    トイレや洗面といった

    設備品が増えただけでも、

    固定資産税は高くなってしまいますしね。

     

    ✔︎基本的な内容

     

    では、まずは

    固定資産税の基本的な内容から

    お伝えしていきたいと思います。

     

    固定資産税の税率は、

    各市町村によって

    若干異なる場合はあるものの、

    基本的には1.4%となっており、

    国が定める評価基準に基づいて

    算出した評価額から課税標準額を算出し、

    これに1.4%を乗じた金額が、

    固定資産税となります。

     
     

    そして、この評価額は、

    土地・建物それぞれ

    3年に一度見直されるのですが、

    土地に関しては、経年変化によって、

    価値が減少するものではないため、

    地価の上下によって

    価格が修正されるのに対し、

    建物に関しては、経年変化によって

    価値が減少していくため、

    固定資産税も下がっていくものだと

    把握しておいていただくといいと思います。

  • 【Staff Diary】美味

    みなさまこんにちは(^^)

    エイジングハウス 山口 愛です!

     

    本日のお写真はこちら‼

     

  • 【Study】家づくりの税金について
    image

    家を所有すると、

    2つの税金が掛かります。

     

    1つは「不動産取得税」で、

    もう1つが「固定資産税」です。

     

    いずれも地方税と呼ばれる税金で、

    不動産取得税は、土地・建物を

    取得した時だけに掛かる

    都道府県に払う税金であり、

    固定資産税は、土地・建物を

    所有している限りずっと掛かり続ける

    各市町村に払う税金ですね。

     

    では、今回は、

    あまり存在を知られていないというか、

    いきなり納付書が届いて

    驚いてしまうことが多い

    不動産取得税について

    お伝えいていきたいと思います。

     

    結論から先に申し上げると、


    この税金は、新築マイホームの場合、

    よほど広い土地を買ったり、

    よほど大きな家を建てない限りは、

    ゼロ円かあるいは微々たる金額です。

     

    そんなこんなで、ついつい

    説明し忘れてしまうんですが、

    土地を買った数ヶ月後に、

    自宅に届いた身に覚えのない

    税金の納付書を見て、

    焦って連絡があるので、

    これからも説明し忘れてもいけるように、

    ぜひ、この税金のことを

    覚えておいていただければと思います。

     

    (まだ家が建ってないから、

    先の土地の分の納付書が

    届いてしまうんです)

     

    ✔︎不動産取得税について

     

    まず、この税金は、

    土地・建物それぞれの

    固定資産税評価額に対して、

    3%の税金が掛かると言われています。

     

    固定資産税評価額とは、

    各市町村が算定する

    固定資産税の基準となる価格のことで、

    実際の売買金額ではなく、

    土地の場合、時価の7割程度で、

    建物の場合、時価の5〜6割程度

    が目安だとされています。

     

    つまり、実際の土地の価格が

    1000万円だとしたら

    評価額は約700万円であり、

    実際の建築費が2000万円だとしたら、

    評価額は1000万円〜1200万円

    だということですね。

     

    でも、この不動産取得税は、

    新築マイホームを購入するにあたっては、

    単純に、この評価額に、

    この税率を掛けるのではなく、

    土地・建物いずれにも軽減措置があり、

    それらを控除して計算するようになります。

  • 【Staff Diary】スノボーにハマりました!
    image

    皆さんこんにちは。

    エイジングハウス 豊田です。

     

    先日、兵庫県美方郡香美町にある、

    スカイバレーというスキー場でスノボーをして来ました。

  • 【Study】60坪の土地に建つ家
    image

    土地の固定資産税の評価額は、

    200㎡(約60坪)までは

    6分の1なのに対し、

    200㎡を超える部分は、

    3分の1となっています。

     

    要するに60坪を超えてしまうと、

    超えてしまった部分に関しては、

    固定資産税が倍に跳ね上がってしまう

    というわけですね。

     

    仮に、土地の評価額が

    坪あたり15万円の土地が、

    100坪あるとしたら、

    15万円×60坪÷6=1,500,000円

    15万円×40坪÷3=2,000,000円

    となるって感じです。

     

    つまり、60坪以上の土地は、

    固定資産税が割高になってしまうので、

    この観点からしても、

    土地を購入する目安としては、

    60坪を最大とすることを

    オススメしています。


     

    ということで、今回は

    そんな60坪の土地には、


    一体どんな家が建つのかについて

    お伝えしていきたいと思います。

     

    これまで同様に、

    「家の周囲には約10坪の余白が必要だ」と、

    「車1台につき約4.5坪必要だ」という

    2つの前提条件をベースとして、

    一緒に考えていきたいと思います。

     

    ✔︎車を4台置きたい場合

     

    この場合、駐車スペースには、

    4.5坪×4台=18坪が必要となり、

    これに加えて家の周囲の余白が

    約10坪必要となるので、

    合わせて28坪が家以外に必要だ

    ということになります。

     

    そして60坪から28坪を差し引いた、

    残り32坪を家に使うことが出来ます。

    帖数に換算すると64帖ですね。

     

    では、これまで同様に、

    玄関ポーチに1帖、玄関に1帖、

    玄関ホールに1帖、LDKに16帖、

    トイレ、洗面にそれぞれ1帖ずつ、

    脱衣、風呂にそれぞれ2帖ずつ、

    必要だと仮定して、

    残りの39帖をどうつくるのかを

    考えていってみましょう。

    (もちろん平屋1本で考えていくので

    今回も階段は省いてます!)

     

    まず、寝室に6帖、

    そして、寝室のクローゼットに3帖とり、

    次に、子供部屋を2室で

    それぞれに4.5帖ずつと

    クローゼットとして1.5帖とるとしたら、

    残りは19.5帖となります。

     

    続いて、玄関収納として2帖とり、

    パントリー収納として4帖とるとします。

    となると、残りは13.5帖となるのですが、

    ここから仮に、

    中庭として7.5帖とったとしても、

    まだ6帖ものスペースを

    何かに使うことが出来ます。

     

    畳コーナーをつくりつつ、

    ご主人の書斎をつくったり、

    あるいは、畳コーナーや書斎が

    いらないのであれば、

    その分、納戸をつくったり、

    いつも室内干しされるのであれば、

    脱衣室を広げたり、

    といった感じですね。

     

    かなり、フレキシブルに

    間取りを考えることが

    出来そうですよね。

     

    ✔︎大切なコトは広く買い過ぎないコト

     

    このように、60坪広さがあれば、

    ゆったりとした平屋を

    建てることが出来るし、

    置く車の台数が

    もっと少なくていいのであれば、

    さらに広々とした平屋を

    建てることも出来ます。

     

  • 【Staff Diary】なりゆき旅行
    image

    皆さんこんにちは。

    エイジングハウス 早川です。

     

    年末に車で金沢に旅行に行きました。

     

    私は高速道路に乗って早く帰ってくるよりは、

    途中寄り道しながらゆっくり帰ってくるのが好きなので、

    今回も気になるところがあればその都度車を止めていました。

    その中で、最も立ち寄ってよかった

    福井県の「レインボーライン山頂公園」をご紹介します。

     

    料金所をくぐり、山頂近くまでは車で、

    それ以降はケーブルカーもしくはリフトに乗っていきます。

  • 【Study】55坪の土地に建つ家
    image

    家を建てるなら平屋にしたいなー

    とお考えの方に、

    オススメさせていただくことが多いのが、

    55坪という広さです。

     

    この広さがあれば、

    土地の形や日照条件が

    よほど悪くない限りは、

    平屋を建てることが出来るからです。

    駐車スペースが4台必要だとしてもです。


     

    今回もこれまで同様に、

    「家の周囲には約10坪の余白が必要だ」と

    「車1台につき約4.5坪必要だ」という

    2つの前提条件をベースに

    考えていきたいと思います。

     

    平屋にしたいとお考えの方は、

    ぜひ参考にしていただければと思います。

     

    ✔︎車を4台置きたい場合

     

    この場合、駐車スペースには

    4.5坪×4台=18坪が必要となり、

    これに加えて家の周囲の余白が

    約10坪必要となるので、

    合わせて28坪が家以外に必要だ

    ということになります。

     

    そして55坪から28坪を差し引いた

    残り27坪を家に使うことが出来ます。

    帖数に換算すると54帖ですね。

     

    では、これまで同様に、

    玄関ポーチに1帖、玄関に1帖、

    玄関ホールに1帖、LDKに16帖、

    トイレ、洗面にそれぞれ1帖ずつ、

    脱衣、風呂にそれぞれ2帖ずつ、

    必要だと仮定して、

    残りの29帖をどうつくるのかを

    考えていってみましょう。

    (平屋1本で考えていくので

    今回は階段は省きます!)

     

    まず、寝室に6帖とり、

    寝室用のクローゼットに3帖とるとしたら、

    残りは20帖になりますね。

     

    続いて、子供部屋を2室つくり、

    それぞれ4.5帖とり、

    かつ、クローゼットを

    合わせて1.5帖つくるとしたら、

    残りは9.5帖ということになります。

     

    そして、中庭を4.5帖とったとしたら、

    残りの5帖は収納スペースとして

    使うことが出来ます。

    土間収納2帖とパントリー3帖、

    あるいは土間収納1帖と

    パントリー4帖といった感じですね。

     

    車を4台とめるとしたら、

    理屈上は、こんな感じの平屋を

    つくることが出来るというわけですね。

     

  • 【Staff Diary】新年明けましておめでとうございます‼

    エイジングハウス 山口 愛です!

    今年もどうぞ宜しくお願い致します(*^^*)

     

    年末年始、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか??

    エイジングハウスは8日間というとても長い

    お休みを頂いておりました!

    私はというと、特にお出かけという予定はなかったのですが、

    計画的に過ごそうと家族でタイムスケジュールを

    作りながら過ごしました。

     

    掃除や買い物などやる時は全員で‼

    ぐうたらする日は思いっきり全員でぐうたらする‼

     

    という感じでアッという間の冬休みでした(>_<)

     

    美味しい食事もたくさん食べたのですが、

    全然映える写真がなかったので

    極寒の中全力で遊んだ公園での家族写真をアップします。

  • 【Study】50坪の土地に建つ家
    image

    この広さの土地に建っているお家の

    大半が2階建てです。

     

    なので、この広さの土地を買った場合、

    当たり前のように

    2階建てのお家を建てることを前提として

    家の打ち合わせが始まっていくのですが、

    50坪の土地には

    土地の形状や建てる家の大きさ次第で

    平屋を建てることが出来るので、

    今回は「50坪」の土地について

    お伝えしていきたいと思います。

     

    では今回も、

    「家の周囲には約10坪の余白が必要だ」と、

    「車1台につき約4.5坪必要だ」という

    2つの前提条件をベースとして、

    一緒に考えていきたいと思います。

     

    比較的、市内中心部よりの土地について


    お伝えした前回、前々回よりも

    対象となる方が多いと思うので、

    勉強がてら、しばしの間

    お付き合いいただければと思います。

     

    ✔︎車を4台置きたい場合

     

    もしあなたにお子さんが2人いたら、

    子供たちが大きくなり

    車を持った時のことを考えて、

    車を4台とめれるようにしたいと

    お考えになると思います。

     

    (大学進学とともに

    県外に出ていく子が多いと思うので、

    結局そうならない場合の方が

    多いかもしれませんが・・)

     

    まっ、その議論はさておき、

    駐車スペースが4台必要だと仮定すると、

    4.5坪×4台=18坪+10坪=28坪が

    50坪から差し引かれることになるので、

    残りの22坪が、建てられる家の

    1階部分の最大面積となります。

    そして、これを帖数に換算すると、

    22坪×2=44帖となります。

     

    では、前回、前々回同様、

    玄関ポーチに1帖、玄関に1帖、

    玄関ホールに1帖、LDKに16帖、

    トイレ、洗面にそれぞれ1帖ずつ、

    脱衣、風呂にそれぞれ2帖ずつ、

    階段に2帖必要だと仮定して、

    残りの17帖をどうつくるのかを

    考えていってみましょう。

     

    この場合、オススメなのは、

    子供部屋を1階につくることです。

    2階よりも1階にあった方が、

    子供たちが自分の部屋を

    使いやすいからです。

     

    2階は親の気配が感じられないため、

    子供たちが不安を感じてしまうのに対し、

    同じフロアにあれば、

    子供たちは親の気配も感じつつ、

    自分の部屋で遊べますからね。

     

    そうすれば、

    結果的にリビングやダイニングに

    子供たちのものが

    散乱しにくくもなりますしね。

     

    この部屋は、子供部屋兼、

    セカンドリビング兼、

    子供のもの収納、

    という考え方ってわけですね。

     

    かつ、親御さんが

    泊まっていくことが出来る部屋

    でもあります。

    親御さんが泊まって帰るのは、

    子供たちが小さいうちだけ

    でしょうからね。

  • 【Study】45坪の土地に建つ家
    image

    今回は、前回より

    土地の広さを5坪大きくし、

    45坪の土地に建てることが出来る家

    についてお伝えしていきたいと思います。

     

    今回も、前回同様に、

    「家の周囲には約10坪の余白が必要だ」

    「車1台につき約4.5坪必要だ」

    という2つの前提条件をベースに

    考えていってみますね。

     

    土地が5坪大きくなれば、


    一体どれだけ

    建物の自由度が広がるのかに

    着目していただければと思います。

     

    ✔︎駐車スペースが3台必要な場合

     

    この場合、駐車スペースには、

    4.5坪×3台=13.5坪必要となります。

    そして、これに10坪の余白を足すと

    23.5坪になるので、

    45坪から23.5坪を差し引いた21.5坪が、

    建てられる家の

    1階部分の最大面積となります。

    そして、これを帖数に換算すると、

    21.5坪×2=43帖となります。

     

    では、前回同様、

    玄関ポーチに1帖、玄関に1帖、

    玄関ホールに1帖、LDKに16帖、

    トイレ、洗面にそれぞれ1帖ずつ、

    脱衣、風呂にそれぞれ2帖ずつ、

    階段に2帖必要だと仮定して、

    残りの16帖をどうつくるのかを

    考えていってみましょう。

     

    仮に、1階に寝室を配置するとして、

    この部屋の広さを6帖にすると、

    残りは10帖ですね。

     

    そして、寝室付近に

    3帖のウォークインクローゼットを

    つくるとしたら、

    残りは7帖となります。

    (1階に衣類収納があれば、

    超絶便利になります!)

     

    また、この収納とは別に、

    2帖の玄関収納と

    2帖のパントリーをつくるとしたら、

    残りが3帖となるのですが、

    こうなれば、この3帖を

    「中庭」に充てても良さそうですよね。

     

    土地の形にもよるものの、

    車を3台とめるとなると、

    ざっとこんな感じになります。

    (この場合、子供部屋は

    必然的に2階になります)

お気軽にお電話・メールにてご相談下さい。
勉強会・相談会へのご参加も、スタッフ一同心よりお待ちしております。

TEL:0120-12-2439

イベント案内

資料請求ページ

無料個別相談会

E-BOOKダウンロード

totop