スタッフブログ

  • 小さな家の収納づくり
    image

    前回、前々回と

    住みにくさや使いにくさを

    感じることなく

    家を小さくするための方法を

    お伝えさせていただいたのですが、

    それに加えてもう1つ

    家が大きくなる原因となる場所があります。


    さて、今回は、

    家を大きくしてしまう原因について

    お伝えしていこうと思うのですが、

    それは一体どこだと思いますか?

     

    リビングでしょうか?

    それとも書斎でしょうか?

     

    ✔︎あればあるほどいいと思う場所

     

    ヒントは、これです。

    さて、お分かりになりました??

     

    その答えは「収納」です。

    どれだけあってもいい

    と思う場所ですよね。

     

    しかし、実際のところは、

    ただ単に収納を増やしたとしても、

    それに比例して収納が増えるわけでもなく、

    また片付けやすくなるわけでもありません。

     

    それどころか、

    無駄にコストが上がってしまうだけなので、

    収納の正しいつくり方も

    家づくりをする前に

    知っておく必要があります。

     

    ✔︎「床面積=収納量」ではない

     

    収納を考える上で知っておくべきことは、

    収納の床面積を増やしたからといって、

    収納量がアップするわけじゃない

    ということです。

     

    例えば、幅も奥行きも

    それぞれ91cmの収納は、

    半帖という広さになりますが、

    この収納の幅と奥行きの有効寸法は、

    それぞれ78cmずつとなります。

     

    他方、幅を倍して、

    奥行きを2分の1にすれば、

    幅が182cmで奥行きが45.5cmとなり、

    その有効寸法は、

    169cm×32.5cmとなるのですが、

    この2つの収納は、

    どちらの方がたくさん置けて

    使い勝手がよく、

    また管理もしやすいのでしょうか?

  • 今と少し先とずっと先と
    image

    家づくりをする時に、

    よく考えていただきたい部屋が

    子供部屋です。

     

    というのも、子供部屋をどう考えるか?

    そして、どうつくるかによって、

    家のコストが全く違ってくるからです。

     

    それゆえ、当たり前のように、

    子供部屋を2階につくったり、

    子供1人あたりに1部屋つくったり、

    6帖でつくろうとせず、

    コスト面や将来のことまで考えて

    つくるようにしていただければと思います。

     

    今回は、

    子供部屋の場所、数、広さについて

    一つ一つ紐解いていってみますね。

     

    例えば、当たり前のように

    子供部屋を2階につくるとなれば、

    1階には客間とプレイルームを兼ねた部屋が、

    リビングとは別で必要になります。

     

    子供たちが小さいうちは、

    2階にある自分たちの部屋を

    使ってくれないからです。

     

    結果、その余分な部屋のために、

    150万円〜200万円ものコストが

    余分にかかることになります。

     

    他方、子供部屋を1階につくれば、

    この余分な部屋をつくる必要がありません。

    そもそも自分の部屋を

    プレイルームとして使えばいいし、

    親御さんが泊まりに来た時は、

    子供部屋で寝てもらえばいいからです。

    子供たちは親と一緒に

    寝ているわけですからね。

     

    また、子供部屋の数はいかがでしょうか?

    お子さんの数が1人や2人なら、

    1人1部屋つくっても問題ありませんが、

    それ以上の場合、1人1部屋つくるとなると、

    コストが上がってしまうのはもちろん、

    将来、持て余すようになりますよね?

    子供たちは高い確率で、

    家から出ていくからです。

     

    それゆえ、単純に人数分

    子供部屋をつくるという

    選択をするのではなく、

    子供達の年齢や性別なども踏まえつつ、

    かつ、やがて出ていくことも想定しつつ、

    どのように子供部屋をつくるのかを

    考えなければいけません。

     

     

  • 【Staff Diary】オフライン
    image

    みなさんこんにちは。

    エイジングハウス 早川です。

     

    緊急事態宣言が解除され、少しずつ外に出る機会が増えてきたのではないでしょうか?

    ですが、人が街に出るようになり、感染者はまた増加傾向に。

    まだまだ油断できませんね。

     

    先日私は、そんなコロナウイルスから逃げるように、

    兵庫県多可郡にある「THE CANYON」にグランピングに行ってきました。

    車を1,2時間走らせれば緑豊かな所に行くことができるのは、神戸のいいところですね!

     

    今回は、ベッドから空や山を眺められるロフトタイプのキャビンに泊まります。

    屋根もかなりの勾配で、凄く開放感がありました。

  • それってホントに必要ですかね?
    image

    前回もお伝えさせていただきましたが、

    家を小さくすることが出来れば、

    家のコストも安くなるし、

    土地代や外構代も安くなります。

     

    また、光熱費や固定資産税といった

    維持費(ランニングコスト)も安くなるし、

    やがて必要になるメンテ費用や

    増改築費用なども安くなります。

     

    しかし、ただ単に

    家を小さくしてしまうと、

    普通に使いにくく住みにくい家に

    なってしまうだけなので、

    小さくても使いやすく

    住みやすい家にするための考え方も

    同時に知っていただく必要があります。


     

    さて、今回は、

    合理的な家の縮め方について

    お伝えしていきたいと思います。

     

    では、ご質問です!

    あなたにとって、

    「廊下」は絶対に必要なものでしょうか?

     

    もし、必要であれば、

    つくればいいだけの話なのですが、

    仮に、いらないなと思っているのに、

    出来てしまってたとしたら、

    それって無駄な場所だと思いませんか?

     

    ✔︎廊下がなくていい理由

     

    廊下が出来れば、

    廊下によって空気が分断されてしまい、

    家の中に温度差が出来る原因となります。

     

    いわば、廊下が、

    ペアガラスの真空層の役割を

    果たしてしまっているというわけですね。

     

    また、廊下のドアが開いていると、

    空気が逃げているような気がするし、

    廊下のドアは閉めなければいけない

    という習性もあって、

    ドアって閉めてしまいますよね。

     

    結果、洗面やお風呂やトイレなどに、

    エアコンの余熱が届かなくなるし、

    2階建ての場合であれば、

    1・2階の温度差が出来るだけじゃなく、

    2階の部屋と廊下の間にも、

    けっこうな温度差が出来てしまいます。

     

    また、廊下が出来ることによって、

    廊下のコストが余分にかかるのですが、

    これに加えて、

    ドアやスイッチの数も増えることになり、

    さらなるコストアップの

    原因となってしまいます。

     

     

  • 【Staff Diary】初体験♡

    こんにちは!

    エイジングハウス 山口です(^^)

     

    先日、弊社スタッフが作成したVRを、託児スタッフである代表のお母さん

    (みんなちえこさんと呼んでいます(*^^*))が初体験しました‼

  • 家の予算が上がる悪しき考え方
    image

    前回の記事をご覧いただければ、

    実は、考え方や視点を変えるだけで、

    2階建てよりも平屋の方が、

    安く建てることが出来るということに、

    お気付きいただけたのではないか

    と思います。

     

    とはいえ、その理屈は、

    2階建てよりも平屋の方が

    面積が小さくなるからであり、

    そうなれば「坪単価」は、

    平屋の方が高くなってしまうので、

    坪単価に重点を置いている方からすると、

    安いとは言えないかもしれません。

     

    しかし、家を小さくすることは、

    坪単価は上がってしまうものの、

    建築コストはもちろん、

    それ以外の様々なコストも安くなる

    というメリットがあるので、

    家づくりの総予算をカットするためには、

    坪単価という指標に囚われないことを

    オススメさせていただいています。

     

    無駄がない小さな平屋を建てると、

    まず光熱費が安くなります。

    面積が小さくなった分、

    体積も小さくなるからです。

     

    そして、同時に、

    家の中に温度差が出来にくくなります。

    廊下がなければ、

    空気の流れを分断する場所がなくなるし、

    部屋が小さくなった分、

    リビングダイニングのエアコンの余熱が

    各部屋まで行き渡りやすいからです。

    また、水回りスペースへも、

    余熱が行き渡りやすくなるからです。

     

    そして、家の固定資産税も

    幾分安くなるのですが、

    この固定資産税と光熱費は、

    生涯ずっと払い続けていかないといけない

    コストなので、長い目で見ると、

    その差は歴然としたものに

    なるかもしれません。

     

    さらに、家を小さくすれば、

    その分、土地の面積も

    それに合わせて小さくすることが出来ます。

     

    そして、それに伴って、

    土地の固定資産税も安くなるし、

    敷地をいっぱいに使う平屋を建てるとなれば、

    外構工事費用も安くすることが出来ます。

     

     

  • 平屋が2階建てより安くなる理由
    image

    土地の広さや日照条件に問題さえなければ、

    建てる家は平屋をオススメしているのですが、

    その理由の一つがコスト面です。

     

    ワンフロアで暮らすことが出来ることから、

    無駄かもしれないものを

    なくしたり、省いたりしやすく、

    結果、その分のコストを

    落とすことが出来るからです。

     

     一般的に平屋は高いと思われており、

    実際、2階建てよりも割高になるので、

    多くの方が、最初から

    平屋という選択肢を外してしまうのですが、

    2階建てにはなくてはならないものを

    省くことが出来るのもまた平屋なので、

    結局はそう高いわけではありません。

     

    例えば、2階建てでは、

    絶対に階段が必要になりますが、

    平屋には階段は必要ありません。

    そして、これだけで、

    面積が2坪違ってくることになります。

    (1・2階それぞれ2帖(1坪)ずつ)

     

    また、2階建ての場合、

    寝室や子供部屋を2階につくるし、

    そうなれば,

    2階にもトイレが必要になります。

     

    そして、それらの部屋に行くために

    階段を上がりきったところから、

    廊下が必要になるのですが、

    この廊下は3〜4帖ほど必要になります。

     

    その点、平屋にすれば、

    この廊下をなくすことが出来ます。

    もちろん、廊下をなくすように間取りを

    考えないといけないわけですが、

    もし、この廊下をなくすことが出来れば、

    さらに3〜4帖減らすことが出来るし、

    さらに、部屋が全て1階にまとまるので、

    2階のトイレも省くことが出来ます。

     

    そして、これら全てを合わせただけでも、

    8帖(4帖)前後、

    家を小さくすることが出来、

    その分、コストを省くことが出来ます。

     

     

  • 【Staff Diary】夏が来た!

    エイジングハウス 河田です。

     

    先日、完成見学会の片づけを終えて会社に帰って来たとき、

    19時半になってもまだ夕焼けが見られるくらい明るく、夏の夕暮れを感じられて嬉しかったです。

     

    私は、夏の夕焼けを見ると、なぜか実家の縁側で夕涼みをしている自分のことが頭に思い浮かびます。

    だた、テレビに出てきそうな、縁側で蚊取り線香とうちわを持って涼んだことはほとんどありません…笑

     

    今年は緊急事態宣言が発令されていたこともあり、ゴールデンウィークに実家に帰ることができず、

    今までで一番長く実家に帰れていません。

    同じような境遇の方も多いかもしれませんね…

    少しでも、早くこの状況が落ち着いてくれることを祈るばかりです。

     

    夏は、私が一年の中で最も好きな季節なので、少しくらいは日焼けもしながら太陽を浴びて、

    身体を動かしたり、外で休日を過ごせる時間が増えたらいいなと思っています♪

    皆さん、外に出かけられる際は熱中症や夏バテ予防をしながら楽しんでください!

     

  • 庭の手入れをしたくない派のみなさまへ
    image

    この時期、鬱陶しいのは、

    とめどなく生えてきて、

    どこまでも成長し、

    その勢力範囲を伸ばしていく

    「草」たちです。

     

    我が家も、家の裏側の余白には、

    ぎっしり砂利を敷き詰めているのですが、

    気が付くと結構ひどい状況になっています。

     


    先日、涼しい日を見計らって、

    一気に草抜きをやったので、

    太ももの裏側が、

    超絶筋肉痛になってしまいました。


     
    約2時間ほど

    草たちと死闘を果たし、

    庭全体が、キレイになったわけなんですが、

    ホント梅雨前後のこの時期って、

    厄介以外の何でもありません・・・

    どうせ、またすぐ生えてきますしね・・・

     

    ✓庭をメンテフリー状態にする方法

     
    というわけで、

    今回は私と同じように、

    庭の手入れが面倒くさい派の方たちのために、

    家を建てる前に、

    庭の手入れを楽にする方法について

    お伝えしようと思っているのですが、

    まず1つ目の方法が、

    「土地を広く買わない!」ということです。

     

    単純に、土地を広く買ってしまうと、

    その分、庭がめちゃくちゃ

    広くなってしまうし、

    庭が広くなってしまった結果、

    砂利や土の部分が増えてしまうからです。

     

    草が生えてこないように、

    コンクリートを打つとなると、

    砂利の3〜4倍ぐらい高くなってしまうんで、

    コストのことを考えると、

    砂利にせざるを得なくなる

    というのが現実ですからね。

     

    そして、2つ目の方法は、

    「余白が少なくなるように家を建てる!」

    ということです。

     

    例えば、一般的に50坪の土地には、

    2階建ての家を建てるのですが、

    仮に30坪の2階建ての家を建てるとしたら、

    1階部分の大きさは、

    その半分の15坪ということになります。

    そして土地には35坪分の余白が出来ます。

     

  • 【Staff Diary】味わうだけが食事ではない
    image

    こんにちは。

    エイジングハウス 早川です。

     

    先日、誕生日のお祝いで「神戸焼肉 樹々」さんに連れていってもらいました♪

    三宮の北野坂と東門筋の間あたりにある宮ビルの2階にあるお店です。

    内装はお洒落でシックな感じでした。

     

    焼肉屋といえば大人数でワイワイガヤガヤというイメージが先行しますが、

    こちらは完全個室で周りを気にせずゆっくりと過ごせました。

     

    お突き出しの1品(和牛のトマト煮込み)と自家製のナムルとキムチ、サラダの後に、本日の主役、「和牛階段盛り」の登場です。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 >>

お気軽にお電話・メールにてご相談下さい。
勉強会・相談会へのご参加も、スタッフ一同心よりお待ちしております。

TEL:0120-12-2439

イベント案内

資料請求ページ

totop