スタッフブログ

  • 【Study】間取りとコストの相関関係
    image

    何に重きを置いて

    家づくりをするのかと、

    それを実現するための手段は、

    「十人十色」だと思いますが、

    住宅会社もまた、

    何に重きを置いて

    家づくりをしているのかと、

    それを実現するための手段は、

    「十社十色」です。

     

    例えば、耐震に関する

    考え方一つをとっても、

    耐震性をよくするということは、

    共通言語ではあるものの、

    それを実現するための手段は、

    会社によって異なります。

     

    また、快適な家をつくるということも、

    共通言語ではあるものの、

    それを実現するための手段は、

    会社によって異なります。

     
     

    ということで、今回は、

    弊社の家づくりに対する考え方を

    ダイジェスト的に

    お伝えしていきたいと思います。

     

    まず、耐震に対する考え方としては、

    そもそも論として、

    「平屋」にすることをオススメしています。

     

    平屋にすれば、上からの荷重が減り、

    台風などの強風に打たれた時、

    トラックなどの重量車両が通った時、

    大きな地震が起こった時、

    これら全てにおいて、

    振動による劣化を軽減出来るからです。

     

    結果、耐久性も高くなり、

    より家が長持ちすることになるし、

    より安心して長く住める

    というわけですね。

     

    耐震等級3の取得時も、

    2階建てに比べて

    間取りに制約が出にくいため、

    自由な間取りを実現しやすいという

    メリットもありますしね。

  • 【Study】見落としがちな隠れ費用
    image

    平屋を少しでも予算を抑えながら

    建てたいとお考えだとしたら、

    A:坪単価15万円の60坪の土地

    B:坪単価5万円だけど120坪ある土地

    どちらも立地的に申し分ない場合、

    この2つのどちらを選ぶでしょうか?

     

     

    今回は、

    土地の隠れた経費について

    お伝えしていきたいと思います。

     

    土地の隠れた経費は、

    家の予算を大きく狂わせるし、

    その後の暮らしにも響いてくる

    可能性もあるので、

    ぜひ覚えておいてください。

     

    この場合、

    Aなら土地代に900万円、

    Bなら土地代に600万円、

    ということになるのですが、

    土地は土地代だけで買えるものではなく、

    土地ごとに完成度にムラがあり、

    その穴を埋めるために

    その土地に応じて

    様々な工事が必要となります。

     

    例えば、Aの土地は、

    給排水のための費用や、

    境界のための費用が発生しないのに対し、

    Bの土地は、

    給排水のための費用も、

    境界のための費用も発生するとしたら、

    状況は違ってきますよね?

     

    仮に、水道を敷地に引き込むために、

    約50万円別途で必要となり、

    かつ、境界をつくるために、

    約100万円別途で必要となるとしたら、

    600万円の土地代に150万円が

    上乗せになってしまうことになります。

     

    また、60坪の土地に平屋を建てる場合、

    外構工事は90万円もあれば出来ますが、

    120坪となると、土地の余白が

    60坪も増えることになるため、

    その分、工事費用がかさみ、

    さらに150万円ぐらい外構工事費用が

    高くなってしまうかもしれません。

  • 【Study】住宅ローンの経費について
    image

    住宅ローンには、

    変動金利と固定金利がありますが、

    いずれを選ぶのかによって、

    最初にかかる手数料が大きく異なります。

     

    また、固定金利の中には、

    住宅金融支援機構のフラット35

    という商品があるのですが、

    この商品と銀行の固定金利商品とでは、

    経費の見方が異なるので、

    その点にも注意しながら

    資金計画をしないといけません。

     

    今回は、

    変動金利と固定金利では異なる

    住宅ローン経費について

    お伝えしていきたいと思います。

     

    変動金利を選ぶ場合、

    最初にかかる手数料は、


    保証会社に支払う事務手数料と

    ローンの契約書(金銭消費貸借契約書)

    に貼る収入印紙代だけです。

    (保証料という経費もかかるのですが、

    基本、この費用は金利に上乗せとなります)

     

    つまり、具体的には、

    税別で3〜5万円ぐらいの

    保証会社事務手数料と、

    2万円の収入印紙代がかかる

    という感じですね。

     

    一方、固定金利の場合、

    保証会社事務手数料と収入印紙代に加えて、

    税別で借入金額の2%の

    融資手数料がかかるようになります。

    (銀行によって多少の差異はあります)

     

    つまり、固定金利を選ぶ場合は、

    変動金利よりも余分に経費がかかるので、

    その分、土地や家にかける予算を減らすか、

    あるいは、家づくりの総予算を増やすか、

    のいずれかを選択しなければいけない

    というわけですね

  • 【Staff Diary】ちょっとそこまで

    こんにちは!

    エイジングハウス 河田です。

     

    先日、神戸の北野に夜の散歩に行ってきました。

    もともと、北野天満神社に行きたかったのですが、

    きちんと調べていなかったため、

    夕方には閉まってしまっていました…(´-ω-`)

     

    鳥居の下でお参りをして、この日は終了。

     

    北野天満宮には、かの有名な太宰府天満宮と同じく、

    菅原道真が祀られているとのことです。

     

    受験生のお子様がいらっしゃる方、

    ご自身が資格試験などで受験を控えていらっしゃる方、

    気分転換に一度お参りされてはいかがでしょうか?

    私は、せっかくなので、またの機会にきちんとお参りに行こうと思います。

     

    さて、お参り(もどき)を終えて、

    北野をぶらぶらしているときれいな景色に出会いました。

  • 【Study】家づくりのよくある失敗について
    image

    家は一生に一回しか建てないものだし、

    年齢や状況に応じて住み方も変化するので、

    どんだけ熟考して建てたとしても、

    何かしら、後から

    「こーしとけば良かった」とか

    「あーしとけば良かった」といった

    後悔が出てくるものです。

     

    しかし、そんな中でも、

    僕が絶対にあってはいけないと思うことが、

    金銭的なミスによる後悔です。

     

    家の返済は、家計の中で、

    最も長期で大きな固定費となるため、

    ミスってしまうと、

    長期に渡って、ずっとダメージを

    喰らい続けてしまうからです。

     

    具体的には、

    貯蓄や投資が出来なくなってしまうことで、

    子供の進学の選択肢が狭まってしまったり、

    家のメンテが出来なくなってしまったり、

    老後貧乏に陥ってしまったり、

    ずっと不安を抱えながら

    暮らしていくハメになったり、

    って感じでしょうか。。

     
     

    さて、今回は取り返しがつかない

    家づくりの失策をしないために、

    知っておいていただきたいことについて

    お伝えしていきたいと思います。

     

    では、そういった状況を引き起こす

    一番の原因は一番何なのでしょうか?

    それは、、、


     

    ✔︎「真っ先に土地を探してしまうこと」

     

    です。つまり資金計画によって

    使っていい土地の予算を

    まだ出してないにもかかわらず、

    先に土地を探しちゃうってことですね。

     

    これをやっちゃうと、

    まーーー、ほぼ確実に、

    土地にこんもりと予算をつぎ込んじゃいます。

     

    例えば、

    無理なく毎月払っていけそうな金額が

    7万円だとしたら、

    35年でローンを組んだ場合、

    借りられる金額は2500万円になります。

     

    そして、これに自己資金を足した金額が、

    家づくりの総予算になるので、

    仮に自己資金が500万円あったとしたら、

    総予算は3000万円ってことになりますよね?

     

    でも、じゃあ3000万円を丸々

    土地と家につぎ込めるかっていうと

    そんなことはなく、

    家を持つためには、

    いろんな経費がかかってくるので、

    ここからこれらを差し引くと、

    大体2750万円ぐらいが

    土地、家、庭にかけられる

    予算ってことになるんですよね。

     

  • 【Staff Diary】Fresh!

    こんにちは。

    エイジングハウス 早川です。

     

    先日、いつもお世話になっている三田市の不動産会社が経営する

    FReeY Cafe(フリーカフェ)さんに行ってきました。

     

    普段三田市に行く機会はあまりないのですが、

    緑豊かでとてもいいところでした。

    お店自体はJR三田駅から徒歩20分のところにあり、

    駐車スペースも広いので、車でも行くことがてきます。

     

    内装はとてもオシャレで、キッズスペースやお庭があり、

    ママさん会でもご利用いただけそうなつくりになっていました。

     

    地元でとれた野菜や果物を使ったメニューを取り揃えており、

    特に取れたてのイチゴがおすすめということで、

    私はグリルチキンプレートとイチゴミルクを注文しました。

     

  • 【Study】目に見えるお金と目に見えないお金
    image

    今回も前回に引き続き

    土地選びのことについて

    お伝えしていきたいと思います。

     

    土地を買う時、

    ネットや雑誌、広告などに記載された

    金額を参考にしながら、

    土地探しをされると思いますが、

    土地によって、潜んでいる

    目に見えない費用が違ってくるので、

    この点に注意しなければいけません。

     

    例えば、土地の価格が相場より

    割安だったとしても、

    そこには古い家が建っていて、

    それを解体する費用を

    買主が負担しなければいけない

    かもしれませんし、

    かつ、家が建っていたからといって、

    水道をそのまま使えるとは限らず、

    水道を引き込み直さないといけないことも

    当たり前のようにあります。

     

    また、隣地との境界がない場合などは、

    購入を機に新設した方がいいでしょうし、

    あるいは、あっても構造が弱い場合などは、

    それを一旦壊して、

    再度つくらざるを得なかったりします。

     

    結果、想定していなかった

    費用がたくさん発生し、

    「結局、全然この土地安くないやん!」

    ってことになりかねないのですが、

    農地に家を建てる場合は、

    宅地とは比較にならないぐらい

    土地代以外の費用がたくさん掛かるので、

    より細心の注意をしていただく必要があります。

     

    ✔️農地の場合の注意点

     

    農地に家を建てる場合、

    土地を造成しないといけないのですが、

    この場合、以下の費用が必要となります。

     

    1.境界擁壁工事

    2.土の入れ替え工事

    3.土の入れ替えに伴う残土処分

    4.水道引込工事

    5.水道加入金

    6.排水負担金

    7.農地転用申請

    (必要な場合は、農振除外申請)

     

    まず、境界の擁壁工事ですが、

    この費用は、

    擁壁をどれくらいの長さするのかと、

    どれくらいの高さにするのかによって、

    違ってきます。

     

    つまり、土地が広くなればなるほど、

    擁壁が長くなり価格は高くなるし、

    地面が道路より高くなればなるほど、

    擁壁が高くなり価格は高くなる

    ということですね。

  • 【Staff Diary】お肉‼‼‼‼

    こんにちは(^^)

    エイジングハウス 山口 愛です‼

     

    10月になり、緊急事態宣言は一旦解除されましたが、

    かといってパーっと飲みに行くこともできず、

    お家でひっそりと缶酎ハイを飲んでいる今日この頃です。

     

    皆様はもうワクチン打ちに行きましたか??

    私は、9月に1回目を打ち、来週2回目に行ってきます。

    熱が出ないといいなぁ…と祈っていますが、

    1回目で38度近く出たので怖いです。

     

    さて本日のブログですが…なんとも豪華なお肉‼‼‼‼

  • 【Study】見るべき土地のポイント(お金編)
    image

    今回は、

    土地を見る時に注意すべき点について

    お伝えしていきたいと思います。

     

    同じ地域でも、

    不動産屋さんが新たに造成した分譲地と、

    そうじゃない土地では、

    幾分、価格に開きがあります。

     

    もちろん、新規分譲地の方が、

    割高に価格が設定されているわけですが、

    その理由は、家を建てるにあたって

    必要なものが全て整っているからです。

     

    例えば、新規分譲地の場合、

    敷地が接する前面道路は、

    市の認定となっているのが当たり前ですが、

    そうじゃない土地の場合、

    必ずしも前面道路が、

    市の認定道路になっているとは限りません。

     

    また、新規分譲地の場合、

    隣との境界が明確になっているのが

    当たり前ですが、

    そうじゃない土地の場合、

    境界が不明確なこともあれば、

    境界そのものが存在してないこともあるし、

    仮に境界壁があったとしても、

    構造が悪い場合(傾いている場合)は、

    一旦壊して新たにつくらないと

    いけない場合もあります。

     

    そして、境界の工事をするとなれば、

    それなりに高額な費用が

    発生することになります。

    (境界が不明確な場合は、

    売主側の負担で境界確定をした上で、

    買主に引き渡すのが一般的なので、

    費用が発生することは基本ありません)

     

    さらに、新規分譲地の場合、

    給排水のことを心配する必要も

    一切ありませんが、

    そうじゃない土地の場合、

    水道が敷地に引き込まれてなかったり、

    あるいは、引き込まれていても、

    水道管の太さが、

    現在の基準に満ちてないこともあります。

     

     

  • 【Study】お金の使い方と貯め方
    image

    今回は、

    お金を貯めていくための

    最良の方法について

    お伝えしていきますね。

     

    ちょっと辛辣な話になりますが、

    大事な話なので、

    少しお付き合いいただければと思います。

     

    ✔️痛みを伴わなくなるリスク

     

    昨今、急速に進んでいた

    キャッシュレス化ですが、

    今回のコロナウイルスによって、

    さらに加速しちゃいましたね。

     

    今まで、ペイペイって何?とか、

    カードは持たない主義だとか、

    スマホ決済の仕方が分からない、

    と言っていた現金主義の手堅い方たちも、

    否応なく受け入れざるを得ないぐらいの

    状況になっているのではないでしょうか?

     

    もちろん、私ももしっかりとその波に乗り、

    数年前からクレジットカードで

    せっせとポイントを貯める暮らしを

    しているわけですが(←これ重要です!)

    時々、ふと感じることは、

    「現金払いの時より、

    お金の使い方が緩くなってるんじゃないか?」

    ということです。

     

    財布からお札がなくなっていくのは、

    メチャクチャ痛みを伴うものだったのに対し、

    カード決済ってのは、

    全く痛みを伴わない行為ですからね。

     

    まっ、結局後から明細が届いた時には、

    「あちゃーーー」ってなって、

    その時は改めようと思うんですけど、

    でも、あからさまに目の前から

    お金がなくなるわけじゃないんで、

    どうしても、ちょっと感覚が

    鈍くなっちゃってますよね・・・

     

    ✔️後払い、分割払い、という誘惑

     

    また、キャッシュレス化の進行に加え、

    ローンさえ組めば、

    なんでも買えてしまうというのも、

    貧乏になってしまう大きな要因の1つです。

    車にせよ、ブランド品にせよ、

    時計にせよ、そして家にせよ、です。

     

    もちろん、所得による制限はありますが、

    分割さえすれば、

    もはや、誰でもなんでも買えてしまう

    と言っても過言じゃありませからね。

     

    結果、実に多くの方が、

    なんとかなるだろうという

    楽観的な思考となり、

    見栄や欲望に打ち勝てないんだと思います

お気軽にお電話・メールにてご相談下さい。
勉強会・相談会へのご参加も、スタッフ一同心よりお待ちしております。

TEL:0120-12-2439

イベント案内

資料請求ページ

無料個別相談会

E-BOOKダウンロード

totop