お客様の声

お客様の声

お客様の喜びの声をご紹介します。

兵庫県神戸市の「AGEING HOUSE(エイジングハウス)」は、これまで数多くの新築住宅を手がけてきました。と同時に、お客様からたくさんの喜びの声をいただいています。こちらでは、その一部をご紹介します。お客様の、実際の感想や意見をご覧いただき、参考にしていただければ幸いです。

お客様の喜びの声をご紹介します。

わからないことだらけのはじめての家づくり
わからないことだらけのはじめての家づくり

二世帯住宅主人の実家があった土地に、二世帯住宅を建てました。1階は義母の居住スペース、2階+ロフト部分に、私たち夫婦と子供で暮らしています。

家探しをはじめた当初は、住宅展示場やマンションなどあちこち見学していましたが、義母から「うちを建て直してここに住めば?」と提案してもらい、二世帯住宅の建築を決めました。

最初のうちは、この限られた土地にどんな家を建てられるのか、どれくらいの費用がかかるのかなど、わからないことだらけで不安もありましたが、最終的にお願いした工務店さんでは、資金面も含め、トータルで相談に乗ってもらえて心強かったです。

わからないことだらけのはじめての家づくり わからないことだらけのはじめての家づくり

家の設計にあたっては、限られたスペースを有効活用するため、寝室もキッズスペースもLDKとつなげて、廊下などの余分なスペースをカットするという提案をもらいました。

家族の一番のお気に入りは、日当たりのよさと、使いやすく広くて清潔感のあるキッチンです。狭いながらも開放感がある空間も、とても気に入っています。

また、将来的には上にあるロフトを子供部屋にする予定ですが、小さいうちはリビングの一角をキッズスペースとして活用しています。幼稚園への登園準備などもこのスペースですませるようにしていますが、目の届くところに子供の専用スペースがあるので、安心して見守れます。

少し時間はかかりましたが、素敵な家ができ上がり、家族全員満足しています。 ※本内容は、「2015年6月号 kodomoe」に掲載されています。

高気密・高断熱を実感できました
高気密・高断熱を実感できました

我が家は日本海側なので、冬場はすごく寒くなります。でも一日中エアコンを入れておくのは嫌だったので、“気密性が高く断熱性能の高い家”というのがポイントになりました。

蓄熱暖房機をすすめられて設置しましたが、冬の朝、起きた時にエアコンなしでも暖かくてびっくりしました。室温を測ってみたら20度、その後エアコンを入れたらすぐに25度まで上がりました。

面白いと思って外気温や室温をいろいろ測ってみましたが、外気温が氷点下の日でも、朝の室温は18度あります。おかげで、妻が長年悩まされていた冷え症が治りました。新築祝いで遊びに来てくれた友人も、玄関先に入るなり、「なんでこんなに春みたいに暖かいの?」と言っていました。

高気密・高断熱を実感できました

また、冬場は雪が積もって日が当たらないうえに、湿度が高くて洗濯物が外に干せないのですが、室内干しでも短時間でカラッと乾くので妻が喜んでいます。

自分自身も、夜中にトイレに起きることが苦にならなくなりました。以前は布団から出る時に1枚上に着込んでからでないと寒くて仕方なかったけれど、寝室と廊下、トイレの気温差がほとんどないのです。浴室暖房もつけて貰いましたが、スイッチを入れる必要がほとんどありませんでした。これなら60代70代になってもヒートショックの心配をしなくてもいいな、と思っています。

これから夏を迎えますが、外気温と室温の差を比べるのが楽しみです。

この高性能で安いっていうところが一番のポイントでした
この高性能で安いっていうところが一番のポイントでした

この商品は営業さんにすすめられて知ったんです。夏涼しくて冬暖かい。この高性能で安いっていうところが一番のポイントでした。

「家全体が収納です。」って言われたのもポイントで、収納が多いけど決まった棚をつくるとかじゃなかったんで、そこが面白かったです。プランがあるんだけれども枠にとらわれずに、でも価格は抑えられますよっていうのもポイントだったと思います。

和室をどうしてもつくって欲しかったんですけど……、ちゃんと和室をこだわってつくってくれたのが嬉しかったです!

打ち合わせは短く建築に入れたんで、今2月ですけれども、去年の11月末位からはじまって12月末1ヶ月位たった頃にはもうほとんど決まっていて、図面も出してくれたと思うんです。短期間でいろいろ決められたんでよかったです。

家づくりといったら、向こうから提示してきたものというイメージだったんですけれども、こちらが要望を一応いろいろ言えるので、本当に家族のような感じで仲よくつくれて、なんだか近く感じました。“かっこいい”がメインでお願いしますということだったんですが、かっこよくできたと思います!

建築士さんだなっていうのがよかったです
建築士さんだなっていうのがよかったです

お会いしたのが、本当にこの家をつくっている建築士さんだなっていうのがよかったです。他のところでしたら営業さんがある程度話して持って来るじゃないですか。けど建築士さんと数回打ち合わせができたんで、それはもう信頼できますね。

予算とオシャレ度と満足度っていうのは、たぶん他の工務店さんだとかとは比べものにならない位はお得感があると思います。結果的にはもう、最終的にはこれからローン払っていくと思うんで後悔したくないんで、やっぱり見た目と値段がバランスよくいけたらいいんじゃないかなって思いますね。

自分のこれからのマイホームを建てていく打ち合わせは、たぶん今までで計画していく中で一番楽しかったんじゃないですかね。これから家族4人で住む場所ですから、楽しいですよね。

環境にマッチした洒落ている家”がコンセプトでした
環境にマッチした洒落ている家”がコンセプトでした

“この田舎でマッチする、なおかつ洒落てるお家”っていうのがコンセプトだったんですよ。とにかく吹き抜けで生活できるっていうのが条件だったんですが、建築士さんといろいろお話したら“できる”と。

一番最初に要求したのが、外壁を板張り・窓を大きく・家の中はある程度吹き抜けで明るく。建築士さんに話すと、デッサンをはじめに描いてくれたんです。で、それでこの家がそのまま建ちましたね。ドンピシャという感じですね。それと薪ストーブですね。要望したのが。もう11年になるとこれが普通になっていますけど、最初は感動ものでしたね。

7月末にできたんですね。昼間は職場なのでいないんですけど、夕方帰って来て中に入ると涼しいんですよ。今度11月位になると、中に入ると暖かいんですね。

施工事例フォトブック