スケジュール

「AGEING HOUSE」について

お引き渡しまでのスケジュール

お引き渡しまでのスケジュール

はじめての家づくり。一体何から始めたらいいのか、どんな風に進んでいくのか……。多くの方が様々な疑問をお持ちではないでしょうか。そこでこちらでは、兵庫県神戸市の「AGEING HOUSE(エイジングハウス)」における、着工前のご相談からお引き渡しまでのスケジュールをご紹介します。

私たちは一つひとつのステップについて、お客様と密にコミュニケーションをとり、丁寧なご相談・ご説明を欠かしません。ともに、理想の家づくりを進めていきましょう。

着工前

STEP 01:ご相談・資金計画・お打ち合わせ
STEP 01:ご相談・資金計画・お打ち合わせ一番はじめに行うことは、資金計画の立案です。これをしっかりと行ったうえで、施主様の住まいに対する夢をくわしく伺います。外観や間取り、雰囲気など、想い描かれるイメージを、何でもお聞かせください。

矢印

STEP 02:現場調査
STEP 02:現場調査現場敷地の形状や立地をはじめ、道路状況などの周辺環境、また法的規制や制限といったことを確認するために、様々な調査を行います。なおAGEING HOUSEでは地盤調査を行っており、その土地の特性に最適な地盤改良・基礎仕様のご提案もいたします。

矢印

STEP 03:建築プランお打ち合わせ
STEP 03:建築プランお打ち合わせ現場調査の結果や立地条件、またお伺いした施主様のご希望などを十分にふまえ、最適な建築プランのご提案とお見積もりの提示をいたします。

矢印

STEP 04:ご契約
STEP 04:ご契約プランやお見積もりの内容にご納得いただけましたら、ご契約となります。

矢印

STEP 05:設計図書の作成
STEP 05:設計図書の作成実際の工事に必要となる詳細な図面などを作成し、建築確認申請書を監督役所に提出します。

矢印

STEP 06:地鎮祭(ご希望の場合)
STEP 06:地鎮祭(ご希望の場合)工事中の安全や末永い加護を願い、地を清め土地の神を祭る地鎮祭を執り行います。これを終えて、いよいよ着工となります。

地盤改良工事

STEP 01:地盤工事
STEP 01:地盤工事地盤調査で問題が見つかった場合には、「地盤保証」を元に地盤改良工事を行います。エイジングハウスでは安全な家づくりのために、「HySPEED工法」をとりいれています。 「HySPEED工法」とは天然の砕石を使用した、耐震性にすぐれ、液状化にも耐える、次世代の地盤改良工法です。家の基礎を支える地盤にもこだわり、耐震性にすぐれた高性能な住宅を造ります。

基礎工事

STEP 01:配筋工事
STEP 01:配筋工事基礎が配置される部分すべてを整地し、砂利を敷き詰めて固めて、その上に捨てコンと呼ばれるコンクリートを敷き詰めます。そして基礎の形に合わせて型枠をつくり、鉄筋を格子状に細かく組み合わせて基礎の配筋構造を組み立てます。 最後に構造に問題がないか「住宅あんしん保証」による基礎配筋検査を受けて、配筋工事は完了です。

矢印

STEP 02:ベタ基礎工事
STEP 02:ベタ基礎工事基礎の型枠に、コンクリートを拡販して空気を抜きながら流し込んで(打設)、ベタ基礎をつくります。打設後型枠を外すまでの期間の目安は、夏は3日以上、冬は5日以上としています。

矢印

STEP 03:基礎上げ
STEP 03:基礎上げコンクリートのバリなど不要な部分を削り、基礎をきれいに仕上げたら、基礎工事は完了です。しっかりとした基礎が完成したら、いよいよAGEING HOUSEのベテラン職人による大工工事が始まります。

建物工事 上棟前

STEP 01:土台構築
STEP 01:土台構築完成した基礎の上に、建物の構造を支える木の土台を構築します。

矢印

STEP 02:上棟
STEP 02:上棟建物の大きな骨組みを朝から一気に建て上げ、家の枠組みが完成します。工事中の雨風から柱などの構造材を守るために、その日のうちに屋根板まで設置するため、この段階で家の形がかなり見えてきますので、楽しみにしてください。上棟式をされる場合には、塩、酒、米で建物の四方を清め、工事の無事完了を祈ります。 上棟後には、様々な工事を並行して行います。また珪藻土やエコカラットなど、使用する素材などにもよって工事の順序や作業内容も異なってきますのでご了承ください。

建物工事 上棟後

STEP 01:木工事
STEP 01:木工事筋交いなど構造材の取り付けをはじめ、間柱、床などを組んだり、断熱材や石膏ボードを張ったりして、壁や床下地をつくります。ここでも、構造に問題がないか、十分な強度があるかなどを調べる「住宅あんしん保証」による検査が入ります。

矢印

STEP 02:屋根工事
STEP 02:屋根工事屋根や雨桶の取り付けを行います。雨が多い日本において、要ともいえる大切な工事です。

矢印

STEP 03:水道工事・ガス工事
STEP 03:水道工事・ガス工事水道やガスの配管、電気の配線なども行います。

矢印

STEP 04:外装工事
STEP 04:外装工事住宅の性能の基礎を作りあげているのがR+パネル。 壁倍率2.5倍の耐力壁で、バランスよく配置することで構造耐力をしっかりと担保します。 断熱材の硬質ウレタン保温版は85㎜の厚みがあり、気密施工をすることで外壁の断熱性能を確保します。

矢印

STEP 05:内装工事
STEP 05:内装工事床へ壁下地などの内装を、無垢材のフローリングやエコカラットタイルなどで仕上げたり、ドアの取り付けなどを行ったりします。この後続く工事で汚れや傷が付かないよう、しっかり養生します。

矢印

STEP 06:タイル工事
STEP 06:タイル工事キッチンや浴室などの床や壁などに、タイルを貼って仕上げます。

矢印

STEP 07:クロス工事
STEP 07:クロス工事天井や壁の下地を平らに整え、壁紙を貼ります。

矢印

STEP 08:左官工事
STEP 08:左官工事壁面などに珪藻土を使用する場合には、熟練の左官職人がコテを使って丁寧に仕上げます。ご家族で参加していただき、記念として壁にお子様の手形などを残すことも可能です。

矢印

STEP 09:建具取り付け工事
STEP 09:建具取り付け工事サッシやドア、雨戸などの建具を取り付けます。

矢印

STEP 10:塗装工事
STEP 10:塗装工事取り付けたサッシなどは厳重に養生し、外壁の塗装を行います。

矢印

STEP 11:設備工事
STEP 11:設備工事キッチンやトイレなど、水回りの設備を設置します。

矢印

STEP 12:クリーニング
STEP 12:クリーニング養生を取り外し、建物中すみずみまできれいにクリーニングします。

建物完成

STEP 01:建物検査
STEP 01:建物検査行政の立ち会いの元で建物検査を実施します。多岐に渡る様々な項目をチェックし、基準を満たした建物になっているかを調べます。

矢印

STEP 02:竣工立ち会い
STEP 02:竣工立ち会い施主様ご自身に立ち会っていただき、建物が設計通りに完成しているか、ご満足いただける仕上がりになっているかをチェックしていただきます。

矢印

STEP 03:お引き渡し
STEP 03:お引き渡し感動のイベントをもって、施主様に建物をお引き渡ししし、すべて完了となります。
施工事例フォトブック