お金の考え方

家づくりの基礎知識

家づくりに関するお金のこと

家づくりに関するお金のこと

家づくりにおいてとても重要であり、欠かせないのが資金計画。「家へのこだわりが譲れなかった」「ローンの返済期間を短くしたい」などの理由で無理な返済プランを立ててしまえば、せっかく素敵な家を手に入れても苦しい日々になってしまうでしょう。

こちらでは、兵庫県神戸市の「AGEING HOUSE(エイジングハウス)」が、家づくりに関するお金のことについてご紹介します。家を建てるにあたり、「知らなかった」ではすまないのがお金の話です。積極的に理解に努め、無理のない資金計画を立てましょう。

ゆとりある生活は、家づくり勉強会からはじまります

ゆとりある生活は、家づくり勉強会からはじまります

家づくり勉強会では、大切な「お金」について勉強します。知識があるかないかで、家づくりの資金に何百万円もの差が出ることもあるため、必要な知識を得ておくことが大切になるからです。

知らないことで余計に支払うお金があるとすれば、それはとてもムダなこと。お金が大きく動く家づくりには、勉強が必要なのです。

資金計画はライフプランを考えるところから

資金計画はライフプランを考えるところから

人生における3大支出をご存じですか? それは「住居費」「教育費」「老後費」。お子様はこれからどんな学校に進み、どれだけ費用が必要になるか。また老後の蓄えは十分かなど、将来まで見据えてライフプランを立てることが大切です。

ライフプランが立ったら、ようやく家づくりの資金計画です。将来を見据え、余裕を持った資金計画を立てましょう。

すべての費用の目安を知ろう

家づくりの費用には何があるのか、それをきちんと知っている方はあまりいないといえます。しかし実際には、家を建てる建築費に加えて様々な費用が発生するのです。

そこでAGEING HOUSEでは、国土交通省などの公的機関を含めた信頼できる情報元のデータを基にしたライフシミュレーションによって、お客様に最適な予算を算出。綿密な現地調査も行い、家づくりから引っ越し、入居まですべての総費用を明らかにして、後に追加費用が発生しないよう配慮しています。

すべての費用を知ること。これは、安心して家づくりにかかるためにとても重要なことなのです。

あなたにとって最適な住宅ローンを知る

あなたにとって最適な住宅ローンを知る

住宅ローンには、実は4800種類もの商品数があるとされています。この中でどのローンを選ぶかによって、返済額は大きく左右されることに……。

そこでAGEING HOUSEでは、当社の高性能住宅だから受けられる住宅ローンを中心に、お客様ごとに最適なローンのご提案・アドバイスを行っています。

これは、お客様に家づくりで後悔してほしくないから。理想の家に、納得し、満足して住み続けてほしいから――。AGEING HOUSEは、そんな想いを胸にお客様に寄り添います。

住宅ローンが組めない理由
住宅ローンが組めない理由

住宅ローンは、残念ながら誰もが必ず組めるものではありません。実際に、様々な原因からローンが組めず、家づくりをあきらめる方がいるのも事実です。こちらでは、住宅ローンが組めない10の原因をご紹介します。AGEING HOUSEでは、こういった原因を解決できる可能性がありますので、あきらめずにご相談ください。

原因01年収が300万円以下である
年収は、住宅ローン組みの際に一番はじめに重要視される項目。しかしたとえば300万円以下なら、絶対に住宅ローンが組めないかというと、決してそうではありません。AGEING HOUSEならご相談に乗れるかもしれませんので、お気軽にお尋ねください。
原因02自己資金が少ないもしくはない
住宅ローンを組む際に、「自己資金が少ないし……」「ゼロだったら絶対無理!」と思われている方がたくさんおられます。しかしAGEING HOUSEでは、自己資金不要でローン組みが可能です。
原因03車のローンが残っている
車を購入する際、6割以上の方がローンを組むといわれています。その返済期間は、平均3~5年。車のローンについて残債があると、住宅ローンは組みにくくなるのが事実です。 しかしAGEING HOUSEなら、車のローンが残っていても、住宅ローン組みが可能になります。
原因04サラ金やキャッシング、リボ払いで残債がある
サラ金やキャッシングの利用者は、1,200万人といわれています。これは、国民の1/10に値する数。該当者の年齢は30代、40代が多く、これは家づくりをされる多くの方が該当する年代です。 AGEING HOUSEでは、サラ金やキャッシング、リボ払いの残債がある方でも、住宅ローン組みが可能です。
原因05クレジットカードの支払いが遅れたことがある
銀行口座の残学不足ほか様々な原因によって、クレジットカードの支払いが遅れたことがあると、通常住宅ローン組みは難しくなります。 しかしこういった場合も、AGEING HOUSEなら、住宅ローン組みが可能になります。
原因06債務整理をしたことがある
債務整理とは、過払い金返還請求のこと。近年、テレビやラジオでよく見かける、弁護士事務所が行うサービスです。この経験があると、住宅ローンは組みにくくなります。 しかしAGEING HOUSEなら、こういったケースでも住宅ローン組みを可能にできるノウハウを持っています。
原因07家族の借金を肩代わりしている
ご家族の借金を肩代わりしている場合、住宅ローンを組むのはなかなか難しいといえます。 しかしAGEING HOUSEなら、借金を肩代わりしている方でも、住宅ローンを組むことができます。
原因08すでに住宅ローンを組んでいる
中古の一戸建てを購入したものの、やっぱり新築にすればよかった……と買い替えを考えられる方は少なくありません。通常すでに住宅ローンを組んでいる場合には、そちらを完済してからでないと次のローンは組めません。 しかしAGEING HOUSEでは、こういったケースでも住宅ローン組みが可能です。
原因09現在契約社員である
現在すでに多く、さらに増えている雇用形態に「契約社員」があります。契約社員の方は、住宅ローンが組みにくいのが実状です。 しかしAGEING HOUSEでは、契約社員の方でも住宅ローンが組める道を知っています。
原因10自営業を営んでいる
自営業者の方は、開業年数や売り上げなどを問わず、住宅ローンを組みにくいのが通例です。 しかしAGEING HOUSEでは、自営業者の方でも住宅ローンが組める方法を知っています。

このようにAGEING HOUSEには、通常住宅ローン組みが難しいとされるものも可能にできる方法・知識があります。住宅ローンについて不安がある方、きっと組めないとあきらめている方も、一度私たちにご相談ください。一人ひとりに合った資金計画をアドバイスいたします。

~勉強会に参加してみよう~

検討前のちょっとした知識が何百万円もの差を生む!
マイホーム購入者の70%が後悔している。

わからないことがいっぱいの家づくり。であるなら、勉強会に参加して正しい知識を身につけませんか? 勉強会では、次のような疑問もきっちり解消することができます。

  • 家づくりはたいていの方にとって、初めて経験することばかり。だからこそ、後悔しないためにしっかり勉強しなければいけません。みなさまのこんな疑問にズバリお答えします。
  • ・どんな家が自分たちに合っているの?
  • ・住み心地の良い家とは?快適な住宅を建てるには?
  • ・土地選びの注意点ってあるの?ポイントは?
  • ・高気密高断熱って何?
  • ・デザイナーズ物件って高くなるの?
  • ・マイホーム購入の最適なタイミングは?
  • ・ライフプランって何?
  • ・家づくりに必要なお金はどれぐらい?
  • ・住宅ローン減税やZEHなどの補助金について教えてほしい!

疑問を残したまま家づくりをはじめてしまうと、完成してから納得のいかない部分が生じてしまう可能性があります。ご自分の大切な住まいのために。勉強会に参加してみませんか?

イベント・勉強会・見学会の情報を見る

イベント案内

資料請求ページ