スタッフブログ

堅実な家づくりの考え方

住宅は3回建てると満足がいくと言われますが、

これができる人はかなり限定的だと思います。

住宅取得は居住地域、間取り、構造、設備、材料、

そして資金計画が重要な検討項目になります。

 

欲求が先行すれば、部屋数は多くなります。

構造は安全性に関連し、設備は日常の利便性に影響しますので、

余裕を持った仕様になりがちです。

それらは最終的にコストに反映されます。

 

住宅メーカーは施主の味方を装いながら、

少しでも高い住宅を勧めることもあります。

それが施主の夢の実現に叶うなら、

互いの求めるところは一致します。

どんなに高額になっても、分割返済に換算すれば、

グレードアップ仕様は月々わずかな金額となります。

 

住宅取得時はどこか舞い上がった気分になりがちです。

家族の夢がかなえられるならば、

わずかな増額くらいなんとかなるだろうと自分で過信しがちです。

 

しかし、大切なのは、


いくら借りられるかではなく、

いくら返せるかを基準に検討することです。

住宅ローン返済の35年間に、

どのような支出があるかを考えましょう。

火災保険、固定資産税等の住宅関連費用だけじゃなく、

子どもの教育費用、塾費用なども考慮しなければいけません。

 
大がかりな全館空調は快適かもしれません。

しかし、やがて子どもが独立し、人がいなくなった場合、

空調費やメンテナンスコストが余計にかかることは誰でも分かるはずです。

また、家族が最も多い時期に合わせて部屋を設ければ、

やがて空室だらけになるでしょう。

 

そして、いつかは家じまいの時が来ます。

住宅は人が住めば資産ですが、

人がいなくなれば負債ともいえます。

そんな先のことは考えられないとは言わず、

今後のことを考えて、できる範囲で想いを巡らせてみましょう。

 

家づくりをする時は、

気持ちが大きくなりがちだし、

同時に金銭感覚も麻痺してしまいやすくなります。

 

また、その増えた金額を

簡単に住宅ローンでまかなえてしまうがゆえに、

どうしても予算が膨らんでしまいがちです。

返済も分割換算すると、

それほど問題ないような感覚に陥ってしまいますしね。

 

ですが、覚えておいていただきたいことは、

仕事や自分の体調は35年間保証されていないのに、

ローンの返済だけは35年間確定してしまうということです。

 

それゆえ、もっと現実をしっかりと見据えて、

また先のことまで想像していただきつつ、

無理のない予算設定を行っていただきたいと思っています。

 
欲求が先行すれば、部屋数も多くなるでしょうし、

かつ、それらの部屋も広くつくってしまいます。

 

また、いくつも住宅会社を回り、

その説明を聞いていたら、

誰もが優れた機能を有した設備を導入したくもなるでしょう。

 

ですが、それらは全てコストとして反映され、

結果、あなたの日々の負担を、

増やしてしまうことになりかねません。

 

今の収入がずっと維持されること、

あるいは、段階的に増えていくことを前提として

資金計画を立てられる方が多くいらっしゃいますが、

今の社会を見渡した時、

それは果たして保証されているのでしょうか?

 

今は、少子高齢化の影響を受けて、

税や社会保障の負担が徐々に増えていっています。

つまり、天引きされるお金が増えていっているというわけです。

 

給料が横ばいであれば、

あなたの手取り金額がどんどん減っていくことになるし、

多少、支給される給料が増えたとしても、

手取り金額は、それほど増えないかもしれません。

 

そして、それに加えて、

今のうちから老後資金までも

コツコツと蓄えていかなければいけないのが、

私たち全員が抱える共通の問題です。

 

ですから、家づくりをする時は、

予算という“現実”と、欲求という“夢”のバランスを、

上手く取りつつ計画を立てていただければと思います。

 

そして、そのためには、

家づくりの正しい知識を身につけ、

コストを押し上げる要素だけじゃなく、

コストを抑えてくれる要素までも

しっかりとご理解いただければと思います。

 

■家づくり勉強会、見学会のご案内詳しくはこちら

ブログ一覧に戻る

イベント案内

資料請求ページ

totop