スタッフブログ

貯蓄を増やしながら家を建てる秘訣

65歳以降、夫婦にかかる最低生活費は、

約22.5万円と言われていますが、

これには、賃料や住宅ローンといった“住居費”や、

旅行や、子や孫への資金援助といった

“ゆとり資金”は含まれていません。

 

これに対し、

会社勤めの夫と専業主婦の妻である夫婦が受け取れる年金は、

平均で約22万円と言われているため、

老後は、年金だけではゆとりをもって暮らしていくどころか、

普通に暮らしていくことすらままならない・・

ということになります。

 

それゆえ、やがて迎える老後に備えていくために、

以下の2つのことを実行していく必要があります。

 

まず1つ目のことが、


“65歳までに完済出来るように住宅ローンを組む”

ということですね。

つまり、65歳以降にかかる住居費を0にするということです。

 

となると、それに合わせた資金計画を組むことはもちろん、

その資金計画によって導き出された予算に合わせた、

土地選びや家づくりをすることが必須となります。

 

例えば、あなたが住みたいエリアの土地の

標準的な価格が1000万円だとしても、

資金計画の結果、あなたが土地に使える予算が700万円だとしたら、

700万円の土地を購入すべきであるということですね。

 

また、資金計画の結果、

あなたが家に使える予算が1700万円になったとしたら、

たとえ、あなたが2000万円の家になる

要望をお持ちであったとしても、

それを全て実現すべきではないということです。

 

しかし、土地にせよ家にせよ、

“価格を落とす=妥協する”と捉えられがちですが、

現実は、妥協なんてすることなく、

価格を落としながらも、

より素晴らしい住まいを手に入れることは可能なので、

“予算”という要望を一番大切にしていただければと思います。

 

“貯蓄”に対する固定概念を変える必要がある

 

そして、もう1つしていかなければいけないことが、

“若いうちからコツコツと貯蓄していく”ということです。

そして、そのためには、

以下の2つを実行していただくことをオススメしています。

 

その1:夫婦共働き

 

経済的側面で考えると、

たとえ夫の収入が高かったとしてても、

専業主婦で居ることはオススメ出来ません。

 

というのも、収入は高くなればなるほど、

それに連動して所得税の税率が高くなり、

思っているよりも手元にお金が残らないからです。

 

また、収入が高くなれば、

それに連動して支出も増えてしまうようになるため、

中途半端に収入が高い人が、

一番お金が残らないとも言われています・・・

 

ということで、夫の収入の高低に関係なく、

夫婦で家事や子育てを協力して行うことで、

妻もしっかりと働くようにしていただければと思います。

 

パートタイムでも構わないと思いますが、

出来れば、会社に“厚生年金”を掛けてもらえるような条件で

働くことが出来れば最高です。

単純に、将来の年金額が多くなるからです。

 

その2:貯蓄先を間違えない

 

そして、夫婦共働きになっていただいた上に、

やっていただきたいことが、

夫婦でしっかりと貯蓄していくということです。

 

共働きのご夫婦の場合、

一番気を付けないといけないのが、

家づくりの予算を安易に上げてしまうということです。

 

収入合算すると、銀行から借りられるお金は増えます。

ですが、借りられるからといって、

住宅会社の口車に乗せられて予算を増やしてしまうと、

もし、なんらかの事情で奥さんが働けなくなってしまったら、

たちどころに家計が立ち行かなくなってしまいます。

 

それゆえ、家づくりの予算は、

ご主人の収入だけでやっていけそうな範囲で

組んでいただきつつ、

しっかりとやっていただきたいことが、

“計画的に貯蓄していく”ということです。

 

そして、貯蓄していく上で大切なことが、

“お金が増えていくところに優先的に預ける”

ということなのですが、

では、どこに優先的にお金を預けていくべきなのでしょうか?

 

個人的には、

それは“銀行”ではなく、また“保険”でもなく、

(この2つが優先順位が低い理由は次回お伝えさせていただきますね)

あなたが会社勤めなのであれば、

“個人型確定拠出年金(iDeCo)”が、

最優先の預け先だと考えています。

 

というのも、iDeCoは毎月23,000円を上限として、

年金の積み立てをしていくことが出来るのですが、

掛けた費用の全額が所得控除の対象となるからです。

つまり、年末調整でお金が返ってくるということですね。

 

例えば、毎月23,000円を預けていくと、

年間で276,000円が積み立てられますが、

もし、あなたが納めている所得税の税率が10%だとしたら、

27,600円が年末調整で返ってくることになります。

また、住民税の税率も約10%なのですが、

住民税も約27,600円安くなるということになります。

 

それゆえ、このiDeCoに夫婦そろって入っていただくこと、

そして出来れば、

上限である23,000円ずつ掛けていただくことが、

最優先であるというわけですね。

現在入っている保険を全て解約してでも、です。

 

そして、iDeCoに加入した上で、

次に考えていただきたいことが、

“つみたてNISA”という制度です。

 

”iDeCo”と”つみたてNISA”の共通点は、

いずれも、毎月コツコツと預けたお金を、

投資信託によって長期的に運用していくことなのですが、

いずれも、運用によって増えた利益に対して、

税金がかからないというメリットを持っています。

 

通常、銀行の利息にせよ、

株や投資信託によって増えた運用益にせよ、

20.315%という税金がかかります。

(保険は受取人によってかかる税金が変わります)

ですが、この“iDeCo”と“つみたてNISA”に関しては、

この税金を非課税にしてくれます。

 

それゆえ、“iDeCo”に全額掛けた上に、

もし経済的にゆとりがあるならば、

銀行や保険にお金を掛けるよりも先に、

この“つみたてNISA”を検討していただくことをオススメしています。

 

ということで、

少し勉強が必要にはなりますが、

資産を賢く形成していくために、

そして、いつまでもゆとりある暮らしをし続けていくために、

家づくりにせよ、お金の貯め方にせよ、

世間の固定概念に縛られないようにしていただければと思います。

ブログ一覧に戻る

お気軽にお電話・メールにてご相談下さい。
勉強会・相談会へのご参加も、スタッフ一同心よりお待ちしております。

TEL:0120-12-2439

イベント案内

資料請求ページ

totop