スタッフブログ

キッチンの種類を徹底解説!

注文住宅を建てる際、

キッチンにこだわる方が

多くいらっしゃいます。

キッチンで過ごす時間は長いため、

特にこだわりたい場所ですよね。

今回は、代表的なキッチンの種類に

ついて解説します。
松本市にお住まいで注文住宅における

キッチンの仕様に迷われている方は、

ぜひ参考にしてみてください。


□キッチンの種類について

キッチンは、大きく「対面キッチン(オープンキッチン)」

と「壁付キッチン(クローズキッチン)」の2種類に分類されます。

対面キッチンは、リビング・ダイニングを

見渡せる作りになっているキッチンです。

家族の状況を随時把握できるので、

料理や洗い物をしているときに、

お子様の様子を確認しながら作業を進められます。

リビング・ダイニングと向かい合っているので、

家族とコミュニケーションを取れ、

キッチンでの作業における疎外感を和らげられます。

一方で壁付きキッチンは、壁に沿って取り付けられている

キッチンであるため、家族の状況は把握できません。

しかし、対面キッチンと違ってスペースを取らないので、

リビング・ダイニングのスペースが広くなります。

壁付きキッチンは家族とのコミュニケーションが

取りにくいものの、料理に集中できるので、

料理好きの方や家事の効率化を図りたい方に

向いていると言えます。

 
□対面キッチンの種類について

ここまで、対面キッチンと壁付きキッチン

についてご紹介しました。

どちらのキッチンが向いているかは

家族のライフスタイルによるでしょう。

ただ近年は、家族や小さなお子様の状況を

把握できることから、

対面キッチンを選ばれる方が多いです。

しかし、対面キッチンといっても

さまざまな種類があるのでよくわからないですよね。

以下で代表的なものをいくつかご紹介します。


□アイランドキッチン

アイランドキッチンは名前の通り、

島のような形をしたキッチンのことです。

壁に接していないので、とても開放的です。

また作業スペースが広いので、のびのびと調理でき、

家族と一緒に料理するのにも向いています。

ただ、圧倒的な存在感があり、

部屋の中のかなりのスペースを取ってしまいます。

アイランドキッチンを設置する場合は、

非常に広い空間が必要です。

また、解放感があるがゆえ、作業をしている様子が

リビング・ダイニングから丸見えです。

そのため、キッチンを常に綺麗に保っておかなければ、

部屋全体が乱雑な印象になってしまうかもしれません。

さらに、油はねによって部屋が汚れたり、

臭いが部屋に広がりやすかったりすることが難点です。

臭いの対策として、キッチンのすぐ上に大きな

換気扇を配置して、臭いや煙の発生を防ぐようにすると

良いでしょう。

 

□ペニンシュラキッチン

ペニンシュラとは「半島」の意味で、

ペニンシュラキッチンはアイランドキッチンの左右を

壁にくっつけたキッチンのことを指します。

アイランドキッチンと同様に解放感があり、

十分の作業スペースを確保できつつも、

アイランドキッチンと比べて部屋のスペースを

取りすぎないので、バランスの取れた

キッチンであると言えます。

また、壁が一方にあることによって、

アイランドキッチンの難点である臭いや汚れの飛散を防げます。

 
□セパレートキッチン

セパレートキッチンは、壁に面したワークトップと

独立したワークトップの2つの調理台があるキッチンです。

一般的に、壁側のワークトップに加熱機器があり、

もう一方にはシンクがあります。

壁側に加熱機器が付いているがゆえに料理に集中できつつも、

シンク側を向けばリビング・ダイニングにいる人との

コミュニケーションも図れます。

作業スペースが広いので、軽食やパーティーのときに

複数人で料理をしたり、食事を楽しんだりして活用できます。

ただ、シンクと加熱機器が離れているため、

対面に移動するときに少し手間がかかります。

また、移動する際に水滴が落下する場合が多々あるので、

気になる方もいるかもしれません。

セパレートキッチンにする場合は、

シンクと加熱機器の動線をある程度縮めると良いでしょう。

 
□L型キッチン

L型キッチンは、アルファベットの「L」の文字通り、

コンロとシンクの部分が90度で向かい合う形のキッチンです。

L型キッチンの最大の特徴は、調理の際の動線が短く、

調理の効率を高められるところです。

シンクとコンロが90度に配置されているので、

大きな移動を必要とせず、体の向きを

変えることで両方の作業が可能になります。

特に、コーナー部分の部分にはお皿や

お鍋といったものを置けるので、

手際よく調理できます。

ただコーナー部分の収納は、

奥行きがあるゆえに物の出し入れがしづらく、

デッドスペースになってしまいがちです。

せっかくの広い収納スペースを無駄にしないように、

棚やラックを使い、デッドスペースをうまく活用

できるシステム収納を使うと良いでしょう。

 
□まとめ

今回は、さまざまなキッチンの種類についてご紹介しました。

それぞれの長所と短所を踏まえたうえで、

ご自身のライフスタイルに合うキッチンを選ぶと良いでしょう。

理想的なキッチンを選ぶための参考としていただければ幸いです。

お困りのことがございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧に戻る

お気軽にお電話・メールにてご相談下さい。
勉強会・相談会へのご参加も、スタッフ一同心よりお待ちしております。

TEL:0120-12-2439

イベント案内

資料請求ページ

totop