スタッフブログ

コスパに優れた家づくりのコツ?

土地の広さがどうであるかにかかわらず、

多くの方が、当たり前のように2階建ての家を建てられますが、

その多くが、“総2階建て”と呼ばれる

1階と2階の面積がほぼ同じであるお家です。

 

その理由は、この家の建て方が、

最もコストパフォーマンスに優れた

割安な家が建てられるからです。

 

また、この建て方が主流となっているということは、

モデルハウスや見学会などで最も目にするのも、

この建て方のお家であるため、

誰もが、その良し悪しを深く考えることなく

当たり前のように基準として受け入れてしまうからです。

 

しかし、この建て方にも、

もちろんデメリットだって存在するので、

その点もしっかり理解しておくことが大切なんですよね。

 
まず、この建て方にするとなると、


寝室や子ども部屋といった居室が、

全て2階に配置されることになります。

 

となると、子どもたちが、

自分たちの部屋を使いにくくなってしまいます。

わざわざ、自分たちのモノを持ち運びするのが面倒くさいし、

親から離れた所で1人で過ごすのは心細く怖いからです。

 

その結果、子どもたちのモノは、

常にリビングダイニング周辺に置かれるようになり、

いつもキレイに保ちたいと思っているリビングダイニングは、

いつも片付かない散らかった場所になってしまうし、

モノに溢れているため、

ゴチャゴチャした生活感溢れる場所になってしまいます。

 

また、全ての居室を2階に配置してしまうと、

将来、無駄な増築費用がかかる可能性が高くなってしまいます。

 

将来、足腰が弱ってしまった場合、

2階への行き来が大きな負担となるため、

増築することによって、

1階に部屋をつくらざるを得なくなるからです。

 

となると、貴重な老後資金の中から、

その費用を捻出せざるを得なくなってしまうか、

あるいは、その資金の捻出が厳しい場合は、

再び銀行から借金をせさるを得なくなってしまいます。

 
この2つの問題を同時に解決する秘訣

 

小さな子どもたちは、

親の気配が感じられないところで遊ぼうとしないし、

親の方だって、目が届かない所で

子どもたちを遊ばせたくありませんよね?

 

でも、かといって、

わざわざリビングダインング散らかるような家にしたいとも

誰も思わないですよね?

出来れば、子どもが居ながらも、

いつもスッキリキレイな状態を保ちたいと思っていますよね?

 

であれば、“小さ目の子ども部屋を1階につくる”

という選択肢をお持ちいただくことをオススメします。

あなたが家を建てようと思われている土地が、

40坪以上あれば、ほぼ実現することが出来るし、

45坪以上あれば、確実に実現出来ます。

 

この選択肢をお持ちいただくだけで、

先程の2つの問題をあっさりと解決することが出来ます。

 

1階に子ども部屋があれば、

子どもたちの自分たちの部屋を使ってもらいやすくなるため、

リビングダイニングをスッキリきれいに保ちやすくなるからです。

 

また、子どもたちは、

やがて出て行くでしょうから、

そうなればその部屋を自分たちの部屋として使うようにすれば、

老後が1階だけで生活することが出来るようになるからです。

 

ただし、この選択肢を取ろうとすれば、

どうしても建築コストは割高になってしまいます。

 

それゆえ、建築コストが割高になろうとも、

家そのものの総額が高くならないようにする

工夫が必要になってきます。

 

でも、その工夫さえ出来れば、

最初にかかる建築コストを一切上げることなく、

将来の無駄な増築費用をもカットすることが出来るようになるため、

結果的に、家づくりにかかるコストを

最少限に抑えることが出来るようになります。

 

その工夫については、

このブログにて都度お伝えさせていただきますので

ぜひ定期的にお読みいただき、

チェックしていただければと思います。

 

■家づくり勉強会のご案内⇒詳しくはこちら

■完成見学会のご案内⇒詳しくはこちら

ブログ一覧に戻る

お気軽にお電話・メールにてご相談下さい。
勉強会・相談会へのご参加も、スタッフ一同心よりお待ちしております。

TEL:0120-12-2439

イベント案内

資料請求ページ

totop