スタッフブログ

ハイグレードな家をローコストで建てる秘訣

弊社が建てる家の中には、

「中庭」をつくっているお家がありますが、

その理由は、そうすることが、

その土地で懸念される問題点を解決するための手段だからです。

 

例えば、周囲が家に囲まれていたり、

敷地の南に家が建っていたりする場合、

近隣の家から距離を開けることなく窓をつくったとしても、

その窓から期待通りの光を採ることが出来ません。

 

それゆえ、そのような環境の中でも、

しっかりと家全体に光を届けるためにも、

近隣の家から窓までの距離を、

充分に開けるようにする必要があります。

 

そして、その選択肢の1つが“中庭”である

というわけなのですが、

とはいえ、“中庭”をつくるとなれば、

どうしても建築コストが割高になってしまいます。

 
なぜ、家のコストが高くなってしまうのか?

と言うと、“中庭”をつくれば、


壁の面積が増えてしまうことになるからです。

 

つまり、外壁工事にかかる費用や内装工事にかかる費用、

そして断熱工事にかかる費用などのコストが増えてしまうため、

その分建築コストがアップしてしまうということですね。

 

また、壁の面積が増えるということは、

それに伴って基礎工事の面積も増えることにもなるため、

同時に基礎工事の費用までもアップしてしまいます。

 

これらの理由から、

“中庭”がある家はコストが割高になってしまうわけなんですが、

とはいえ、これからお伝えさせていただく内容さえ

しっかりご理解いただければ、

予算を一切上げることなく、また品質を一切落とすことなく、

建てることが出来るんですよね。


家の品質を一切落とさずに建築コストを抑える工夫

 

そのためには、

2つの工夫が必要になります。

 

工夫1:必要以上に部屋を大きくしない

 

まず1つ目の工夫が、

必要以上に部屋を大きくしないということです。

例えば、あなたは、

寝室にどれくらいの広さを求められるでしょうか?

 

10帖でしょうか?

あるいは8帖でしょうか?

あるいは6帖でしょうか?

 

もし、あなたが、

寝室は、ただ寝るだけのスペースだなとお考えであり、

かつ、寝室にはベッドぐらいしか置かないのであれば、

置かれるベッドのサイズや個数によっても違いますが、

多くの場合、6帖もあれば充分だったりします。

(6帖あれば、ダブルベッドを2台並べて置くことが出来ます)

 

となると、10帖をつくるよりも

4帖ものスペースをカット出来ることになるのですが、

その結果、100万円〜120万円ものコストがカット出来ます。

 

工夫2:やみくもに部屋を多くつくらない

 

そして、2つ目の工夫は、

やみくもに部屋を多くつくらないということです。

 

例えば、親御さんが泊まりに来た時や、

もしもの来客の時のために、

和室が欲しいとおっしゃる方がいらっしゃいますが、

“和室”って本当に必要なのでしょうか?

 

この和室をつくるために

6帖家の面積が増えるとしたら、

それだけで150万円〜180万円建築コストが増えることになります。

 

でも、それをつくったとしても、

一体どれだけの頻度でその部屋を利用するでしょうか?

親御さんが泊まりに来た時などは、

子ども部屋で寝てもらうようにすれば、

わざわざつくる必要がないような気がしませんか?

 
家をコンパクトにする方が合理的


この2つのコトを意識していただきつつ、

家づくりをしていただければ、

必然的に家がコンパクトになります。

 

そして、その結果、

家のコストを大幅にカットすることが出来るようになり、

コストが上がる要因となる“中庭”をつくったとしても、

決して驚くような金額にはなりません。

 

また、家をコンパクトにすれば、

必然的に光熱費もカット出来るようにもなります。

あるいは、最小限の光熱費で、

家全体を温度差のない快適な空間にすることが出来ます。

 

弊社では、このような考えのもと、

家づくりをご提案させていただいているのですが、

もしあなたが、そんなお家が見てみたいとお考えであれば、

いつでもご連絡いただければと思います。


合理的で暮らしやすくオシャレな家をぜひご覧ください!

 

■家づくり勉強会のご案内⇒詳しくはこちら

■完成見学会のご案内⇒詳しくはこちら

ブログ一覧に戻る

お気軽にお電話・メールにてご相談下さい。
勉強会・相談会へのご参加も、スタッフ一同心よりお待ちしております。

TEL:0120-12-2439

イベント案内

資料請求ページ

totop