スタッフブログ

【Study】家づくりはバランスです。

  • 【Study】家づくりはバランスです。

家はトータルバランスです。

何か一つが秀でていても他がダメなら

良くないと言えます。

総合的にどうなのかが問題になる。

それが家でしょう。

構造的に強くて断熱性能も良い。

それで、動線も考えられていて、

見た目も良いって感じの家が良いわけですね!!

つまり、建てる側の責任者がどんな家を

頭に描いているかで出来る家は

決まると言えます。

自分的には「設計者」がポイントになる。

ただし「どんな家が良いですか??

どんな家でも設計できます」って言う

設計者ではダメでしょう。答えが無いからです。

設計者はオーケストラの指揮者と同じです。

楽器の演奏を理解しておかないといけません。

パートの音が合わさった時にどんな風に聞こえるか??

それを分かっておかないと難しい。

家も同じで、パーツの集合体ですから

パーツを理解しておかないといけないと言えます。

でも、多くの場合はよく分からずに

やっている人が多いですね!!

外観デザインを重視して耐震性能を

落とすという人も居ますし、

開放感を求めて大きな窓を付けたために

断熱性能を下げる人も居ます。

見えない外観をデコレーションしたが故に、

動線を無視する人がいたり、

コスト削減のために基本性能を最低まで

落とすなんて人も居る。

お客様のご要望って事で

何度もありって事でしょうが、

それではダメだと自分は考えます。

どんな家を建てるのかを決めると、

出来る事と出来ない事ははっきりと

分かります。

それを良く理解捨て設計をしないとダメだと言えます。

建築基準法のレベルなのか??

長期優良住宅のレベルなのか??

いや、それ以上の基準を設定して家の設計をするか??

そこは最初で設計者に確認した方が良いと思います。

その場に及んでも、

「お客様のご要望がどれかで、なんでもできますよ!!」

なんていう人だったら逃げましょう。

その設計者には何の基準も無く、

バランスの悪い家になる事は間違いありませんからね!!

ブログ一覧に戻る

お気軽にお電話・メールにてご相談下さい。
勉強会・相談会へのご参加も、スタッフ一同心よりお待ちしております。

TEL:0120-12-2439

イベント案内

資料請求ページ

無料個別相談会

E-BOOKダウンロード

totop