スタッフブログ

【Study】床が寒い!

  • 【Study】床が寒い!

床が冷たい!!

冬の季節に良く聞く話です。

床が冷たいと暖房をいくら

聞かせても寒く感じる。

足元からどんどん熱を

奪われてしまうからですね!!

色々な床材が有りますが、

冷たい床と冷たくない床が存在します。

冷たい床は熱伝導率が大きい材料になる。

冷たくない床は熱伝導率が小さい。

両方とも表面温度は同じです。

熱伝導率の小さい物代表は断熱材です。

熱の伝わるスピードが遅いので

断熱材として使えるというわけです。

さて、ベニヤの床などはなかなか冷たい。

ウレタン塗装の床も同じ事。

冬の朝などは最悪の状態になります。

靴下にスリッパを履いてさらに

床にマットを敷く。

人の足から床に熱が奪われる事で

冷たいと感じるわけです。

では床の断熱を上げると良いのか??

ってなりますが、

床の素材が変わらない

限り冷たく感じるでしょう。

その時間は短くはなると思います。

R+houseの場合は熱伝導率が小さい材料になる。

よって床は冷たくない。

足の触れた表面がすぐに体温と

同じ温度になるからです。

同じ室温でも床が冷たくないので

体感温度は高くなります。

よって断熱性能を上げた家に

R+houseの床を貼るととても暖かく感じる

という事になる。

調湿できるので湿度も一定に保つ事も可能です。

恐ろしく乾燥することは無い。

湿度が10%変わると体感温度が1℃変わるとか。

同じ断熱性能の家でも内装材を間違えると

まるで違う家になると言えます。

これは数字には出て来ない性能になる。

よって、体感しかない。

R+houseの家でご体感下さい。

ブログ一覧に戻る

お気軽にお電話・メールにてご相談下さい。
勉強会・相談会へのご参加も、スタッフ一同心よりお待ちしております。

TEL:0120-12-2439

イベント案内

資料請求ページ

無料個別相談会

E-BOOKダウンロード

totop