スタッフブログ

大工さんの手間

  • 大工さんの手間

大工さんの工事はどれくらいの

時間がかかるのか??

これはどんな大工さんを

何人現場に投入するかで変わりますし、

家の間取りとかドアやサッシの数でも変わります。

これらをデータ化して管理するのが今の会社です。

図面の要素を入力すると〇〇人工と数字が出てくるわけです。

では一般的にはどうなのか??

一般論と数字を分かりやすくしますので

概要だけ分かっていただければと思います。

ある会社の標準的な間取りであれば、

そこの大工さんは1坪生産するのに

3人工かかったとします。40坪の家の場合は、

40坪×3人工=120人工

となります。一人で工事すると120

日かかるという事です。月に25日働くと

120日÷25日=4.8ヵ月

となるので5ヵ月も大工さんの

工事がかかるという事になる。

それでは遅いので大工さんを

2人投入するとその半分になるので

2.4ヵ月で終わることになる。

3人では1.6ヵ月となります。

こんな感じで年間の全体予定を組んでいきます。

それにより会社の売り上げなども

読んでいけるって事になる。ですから工事担当の人に

「うちはいつまでかかりますか??」

みたいに質問して答えられなかった場合、

大工さんの手配ができていない

可能性があるという事になります。

最近は職人さんが居ませんからね(汗)

また、職人さんのデータが取れていない場合も考えられる。

手間受け大工さんの場合はデータ化されていないと

強い方が勝ちますから、弱い方が損をすることになる。

大体は職人さんが強いし、勘もいいので

得をすることになる。

それがないようにするには

データ化する以外はありません。

「この家はドアとサッシがこれで

壁のそう長さがこれだから

この人工になるから金額はこれだからね!!」

みたいにですね!!

実に分かりやすいです。でも、多くは

今までの経験でやっているから

どっちかが損をするわけです。

お客様も損をしているかもしれません。

ブログ一覧に戻る

イベント案内

資料請求ページ

totop