スタッフブログ

大きな会社とは

  • 大きな会社とは

「あの会社は、大きな会社だから大丈夫だよ」

なんて話はよく耳にします。

会社が大きいほど安心できると言う事でしょう。

自分も保険とかを考える時にはそう考えたりします。

が、果たしてそうなのか??

大きい会社には多くの人が働いています。

それだけ人件費も大きいって事になる。

って事は利益も大きくなるって事です。

小さい会社とはわけが違いますから、

会社のシステム自体が大きくて分かりにくい。

テレビCMとかを流して安心感をアピールしながら

営業マンが人海戦術でお客様を追いかけるような

仕組みを作り出しています。

受注を取る事にかなりのコストを掛けているので、

それを受注した家で回収しないと会社は維持できません。

ですからお客様の建てた家に回ったお金は知れています。

だって、安いカラーフロアにビニールクロスの家が

坪80万円とかしていますから驚きます。

1/3は広告宣伝費の回収だったりして(汗)

まあ、それで安心感を買っているって人は良いのかもしれません。

大きいから仕事がしっかりとしていると考える人も居ます。が、

大きな会社はほぼ下請けが工事しています。

下手すれば地元の工務店が下請け工事店

で工事している事も有りますからね!!

その下請けも当然利益を取りますから、

どんだけ高くなるかって事です。

大きな会社だから良い家を建てているのか??

というとそうでもない。

大きな会社ほど、一般的に良さそうな家を建てて行きます。

10人いたら6人が良いという家を建てる。

大体、6人の人ってこだわりが無いからそれで良い訳です。

大きい会社がこだわると6人が逃げてしまい。

2人を相手にする事になる。

そうなると効率が悪いって事になる。

大きな会社ほどそんなに効率が悪い仕事

ができにくいシステムになっています。

高効率な家造りを進めていますからね!!

多くの人に気に入られるために商品群も豊富です。

でも、どれも鋭くは無い。〇〇風でしかない。

まあ、はっきり言い切れないというか、

言い切るとお客様が逃げる的な感じでしょうね。

営業マンは御用聞きが多く、

言う通りにする場合が多いです。

それが基本的な動きです。そして、

「あの営業マンが良かったからあそこにしよう!!」

となるように努力を惜しまないわけです。

大きな会社の家は特徴が無いから、

人で選ぶしかない訳ですね。

選ぶ方もこだわりが無いし、

家の良し悪しも解らない人達です。

家を見ても判断できないとなったら「人」でしか選べない。

大きな会社はそんなシステムで家を建てて行く面白い会社なのです。

ブログ一覧に戻る

イベント案内

資料請求ページ

totop