スタッフブログ

【Study】土地のお話

  • 【Study】土地のお話

掘り出し物の安い土地。

実際に掘り出し物も存在します。

現金化したいからとか、

処分して財産を分けたいとかです。

そんな土地に当たれば安くていい土地が手に入る。

ところが、中にはキズものもある。

自分が出会ったキズものの土地達です。

家は建てられません??

これは意外に多い事です。

道路に接していない土地が安くで出ていたりします。

一見すると道路とつながっているように見えます。

が、字図を取ると道路のような部分に他の土地が入っています。

つまりは道路に接していないって事。

そうなると建築基準法上、

家は建てられません。

道路との間に挟まれた土地を買うしかない。

でも、そこの所有者はそれを知っていますので、

法外な値段で売り付けてきます。

安い土地の場合、

接道が有るかどうかを確認する事をお勧めします。

現況を見ても敷地の境界線は分かりませんからね!!

崖のそばも危険です。安く買っても崖がある場合、

家を建てられる面積が限られていたりしますし、

擁壁とかで予定外のお金がかかる。

よく考えたら普通の金額で買ったのと同じって事になります。

高低差の大きな土地はその段差をどうするかで

お金を使うと考えるべきです。

高すぎても低すぎてもお金はかかるって事です。

家は建てられるけど・・・・

みたいな土地も有る。

要するに地盤改良が出たりして高くなってしまう土地です。

その地域の会社であればどのあたりで改良が出るかは知っています。

地盤改良に100万円以上かかると安かった土地が

高い土地に早変わりです。

地盤の事も頭に入れた方が良い。

地盤改良は建てる会社の考え方も反映します。

どの会社を選ぶかで

改良になったりならなかったりします(汗)

事故のあった土地は安い。

これは不動産屋さんに

聞けば教えてくれます。

それを聞いて判断するしかないでしょう。

因縁がこもっていたりしたら

支障が出てきます。気を付けましょうね!!

ブログ一覧に戻る

お気軽にお電話・メールにてご相談下さい。
勉強会・相談会へのご参加も、スタッフ一同心よりお待ちしております。

TEL:0120-12-2439

イベント案内

資料請求ページ

無料個別相談会

E-BOOKダウンロード

totop