スタッフブログ

【Study】外構コストをミニマムにするいくつかのステップ

  • 【Study】外構コストをミニマムにするいくつかのステップ

外構工事に予算を取り過ぎてしまうと

建築工事に充分な予算が

取れなる可能性が高くなることから、

建築会社が行う資金計画では

最後の工事となる外構工事の予算を

少なめに設定することが

多い傾向があります。

 

もちろん、

たとえ少なめに予算を設定されようとも、

その予算で工事が完結出来れば

なんの問題もないのですが、

現実は、当初の予算では

到底思っているような工事が出来ず、

後から泣く泣く貯金の中から

追い金を出している方も

少なくないでしょうし、

あるいはそれが出来ない方は、

工事を後回しにせざるを得なくなり、

未完成な状態のまま暮らしている

のではないでしょうか。

 

そんなわけで今回は、

その予算ギャップをなくすために

知っておいてもらいたい知識について

お伝えしていきたいと思います。


まず知っておいてもらいたいことが、

「そもそも論」的なことです。

 

これを知っておいてもらえば、


間違った土地選びや

間違った家のプランを

しなくて済む可能性が

グンと高くなると思います。

 

最初にお伝えしたいことが、

土地は自分が建てたい家の大きさに合わせて

探した方がいいということです。

 

つまり、土地を探し始める前に、

土地に費やすことが出来る予算を

具体的に試算すると共に、

どんな家を建てたいのかを

明確にしておくことが大切だ

ということですね。

 

例えば、

あなたが建てたい家に

必要な土地の面積は

本当は40坪もあれば充分なのに、

なんとなく広い方がいいからと

70坪の土地を契約してしまったら、

単純に30坪分工事面積が増えてしまう

ということになりますよね。

 

そして、草が生えるのが嫌だからと

そこを全面コンクリートにするとしたら

それだけで55万円〜60万円ほど

出費が増えてしまいます。

まずは

そもそも買う土地の広さを間違えない

ようにしてもらえたらと思います。

  • 【Study】外構コストをミニマムにするいくつかのステップ

とはいえ、地域によったら

そんな都合がいい広さで

土地が売られてない場合もあるので、

そんな場合は、

次の方法を講じるしかありません。


土地の余白はミニマムに!

 

例えば、あなたが建てる家に

ちょうどいい土地の広さは

40坪なんだけど、

探してみると60坪以上の土地しか

売っていないなんてことも

地域によったら全然ありえます。

 

となると、

そのままの計画で建ててしまうと

単純に20坪以上余分に

工事をしなくてはいけなくなります。

 

ゆえ、個人的には

出来るだけその余白を小さくする

工夫をした方がいいと思っています。

つまり、2階建てで計画していたなら、

計画を変更して平屋にした方がいい

というわけですね。

 

これによって

外構工事面積が15〜20坪ほど減れば、

無駄な余白が出来なくなり、

当初の計画通りの予算で

工事を完遂しやすくなりますしね。

 

そんなわけで、

当初の予算を大幅に狂わさないためには、

家そのものも土地に合わせて

柔軟な対応をした方がいいということも

覚えておいていただけたらと思います。


 

そして、

以上の2つの基本を踏まえた上で

弊社が行っていることが、

外構工事の項目を削減する

ということです。

 

例えば、多くのお家が

家の中が周囲から丸見えであり、

かつ間取りも一目瞭然で分かることから、

防犯性やプライバシー性を担保するための

工事を施さなければいけません。

 

かつ、お世辞にも美しいとは言えない

家の外観をカバーするために

華美な工事を庭に施さなければいけません。

 

そして、これらに合計100万円以上は

予算を費やすことになると思います。

 

他方、防犯性とプライバシー性を

考慮してつくったお家は

必然的に外観も美しくなるため、

これらの工事に

一切予算を注ぎ込む必要がなくなります。

 

家そのものが美しければ、

むしろ外構を簡素に仕上げることで

家を引き立てた方がいいですしね。

 

かつ、このようなお家は、

デッキスペースも家の一部となっており

建築工事代に含まれていることから、

一般的に外構工事の項目とされている

ウッドデッキ費用(50万円ぐらい)も

外構工事でかかることもありませんしね。

 

また、外部に向かって

大きな窓が多いお家は、

外部からの不法侵入者に備えて

塀にも気配りをする必要がありますが、

防犯性とプライバシー性に優れたお家は、

家の壁そのものが塀代わりになるため、

境界塀を立てないという選択を

取ることが出来るようになります。

 

そして、場合によったら

この費用だけでも50万円〜100万円ほど

予算を削減することが出来ます。

 

いかがでしたか?

 

土地の広さを間違えたり、

家の建て方を間違えたり、

防犯やプライバシーの

担保のための工事や、

家の外観を引き立てるための工事を

施さないといけないとなると、

必要な土地面積×4〜5万円は

予算をみておかないとほぼ確実に

追い金を支払うことになると思います。

 

というわけで、

外構と家は別々の工事ですが、

それぞれが依存し合う

切っても切り離せない密接な関係なので、

資金計画時点で

外構の予算設定を間違えないように

していただければと思います。

 

■家づくり勉強会、見学会のご案内詳しくはこちら

 

  • 【Study】外構コストをミニマムにするいくつかのステップ

ブログ一覧に戻る

お気軽にお電話・メールにてご相談下さい。
勉強会・相談会へのご参加も、スタッフ一同心よりお待ちしております。

TEL:0120-12-2439

イベント案内無料個別相談会

無料個別相談会

E-BOOKダウンロード

totop