スタッフブログ

間取りは土地で決まるもの

  • 間取りは土地で決まるもの

例えば、あなたが家を建てる土地が、

東側が道路に接している

間口11m、奥行き16.5mの55坪の土地で、

その南に2階建の家が建っており、

そのせいで、敷地の半分ぐらいまで

日陰になってしまっているとしたら、

どのようなお家を建てるべきでしょうか?

 

さらに、南に建っている家の外壁の色が黒で、

かつ、西と北にも家が建っており、

道路面以外全て家に囲まれているとしたら、

そこにどのようなお家を建てるのが

最も理想的なのでしょうか?

 

この場合、一般的には、

日陰になってしまった部分を避けて

家を建てようとするでしょう。

 

つまり、陰になっていない部分にだけ

家を建てようとするため、

必然的に2階建ての家になるというわけですね。

 

そして、1階の日光が入ってくる場所には、

リビングダイニングキッチンや和室をつくり、

日が当たらなくていい場所には、

お風呂や洗面やトイレといった

水回りを配置することになるでしょう。

 

2階には、寝室や子供部屋といった

プライベートルームを配置し、

出来るだけ、全ての部屋を

日当たりがいい南に配置し、かつ、

その南にはベランダをつくることでしょう。

 

さらに、道路面となる東からも

朝の光がたくさん採り込めることから、

東にも大きな窓をつくり、

東と南からたくさんの光が

採り込めるようにするでしょう。

 

これが、この土地に建つ、

最もポピュラーな間取りですね。

 

ですが、残念ながらこのお家は、

実際住みだすと、様々なデメリットに

苦しみながら暮らすことになってしまいます。

 

例えば、1階のリビングにつくった

大きな窓から見える景色は

どのようなものでしょうか?

 

 

  • 間取りは土地で決まるもの

 

「すぐ南に立ったお家の裏側」ですよね。

エアコンの室外機や給湯器、

そして換気扇によって汚れた外壁に、

ゴミが並べられた勝手口。

つまりは、これらを眺めながら

暮らすことになります。

 

それゆえ、そうならないように、

敷地境界にしっかりと

目隠しを設置しなければいけません。

余分なコストをかけて、です。

 

そうしないと、結局カーテンが

開けられなくなり、

家の中が薄暗くなってしまうし、

また、アウトドアリビングとして

つくったウッドデッキも、

その機能を果たしにくくなりますしね。

 

では、道路面につくった大きな窓は、

どうでしょうか?

これらの窓は、光もたくさん採り込めますが、

同時に視線もたくさん取り込みます。

 

それゆえ、結局カーテンが

ずっと閉まった窓になってしまい、

結局、薄暗い家が出来上がってしまいます。

 

2階につくった子供部屋は、

小さな子供たちにとって、

果たして使いやすいものなのでしょうか?

 

もちろん、そんなはずはありません。

子供たちはお母さんの近くで居たいものだし、

散らかしたおもちゃを

片付けることもままならない子供たちが、

さらにそれを自分の部屋に

持って行ってくれるなんて、

想像すら出来ないと思いませんか?

 

つまり、リビングやダイニングに

荷物の全てが集中してくるというわけですね。

結果、片付けもしにくい家となり、

同時に、掃除もしにくい家になってしまう、

というわけですね。

 

この他、避けた日陰に出来た余白にも、

たくさんの外構工事費用が

かかることになってしまうことも、

想定しておかないといけません。

 

ざっと、挙げると、

こういったことがこのお家を建てた場合、

考えられることというわけですね。

 

では、次回は、

この土地にどのような家が建つかを

全く違う視点で

お伝えしていきたいと思います。

 

この土地の可能性をより引き出す

家づくりの考え方です!

 

■家づくり勉強会、見学会のご案内詳しくはこちら

 

 

  • 間取りは土地で決まるもの

ブログ一覧に戻る

お気軽にお電話・メールにてご相談下さい。
勉強会・相談会へのご参加も、スタッフ一同心よりお待ちしております。

TEL:0120-12-2439

イベント案内

資料請求ページ

totop