スタッフブログ

家の予算の基本的な考え方

家づくりの予算は、

自己資金が多いか少ないかによって、

大きな差が生まれます。

 

例えば、家づくりの総予算が3500万円として、

自己資金が1000万円あれば、

借入は2500万円で済むため、

これを35年返済で試算してみると、

毎月の返済は約70,000円となるのですが、

自己資金が100万円としたら、

3400万円を借入せざるを得なくなり、

毎月の返済は約100,000円となってしまいます。

 

それゆえ、自己資金100万円のあなたが、

無理なく支払っていくことが出来る金額が、

毎月70,000円だとしたら、

あなたは900万円予算を圧縮する必要があります。

 
しかし、900万円もの予算を、

家だけで圧縮しようとしても100%不可能です。

2000万円であれば1100万円にしないといけないし、

1800万円であれば900万円にしないといけないわけですからね。

とてもじゃないけど家なんて建てられません・・・

 

この場合、家だけで

予算を圧縮することを考えるのではなく、

家はもちろんのこと、

土地や外構工事の予算も同時に見直す必要があります。

 

家で予算を300万円圧縮、

土地で予算を450万円圧縮、

庭で予算を150万円圧縮という感じですね。

 

具体的に3500万円の総予算が、

土地代として1000万円、

家代として2100万円、

庭代として200万円、

諸経費として200万円、だとしたら、

土地代として550万円、

家代として1800万円、

庭代として50万円、

諸経費として200万円、といった感じに、

それぞれの予算を圧縮していかなくてはいけません。

 

となると、必然的に

土地を探す地域を変えざるを得なくなるかもしれないし、

あるいは地域変更が無理なら、

土地の広さをかなり小さくしたりとか、

形や日当たりが悪そうな、

いわゆる条件の悪い土地を探さざるを得ません。

 

また、家に関しても、

使う材料や設備のコストを抑えたり、

面積を小さくしたりするなどして、

コストを抑える工夫をせざるを得なくなります。

 

外構に関しても、

余分な装飾をしなくていいような家にしたり、

土地そのものに無駄な余白をつくらないようする

などの工夫が必要となってきます。

 
そもそも予算を圧縮して、いい家が建つのか?

と多くの方がお感じになるでしょうし、

その不安から家づくりを諦めてしまうかもしれません。

あるいは、そんな予算じゃ無理だからと、

無理な予算で家づくりをしてしまうかもしれません。

 

確かに、土地の予算が少なくなれば、

みんなが買っているような新規分譲地に

手出しすることは出来なくなるかもしれません。

 

みんなが買っているような日当たりが良い土地や、

形がきれいな土地ではなく、

その真逆の条件が悪い土地にせざるを得ないかもしれません。

 

しかし、家の明るさや開放感は、

実は、土地の日当たりの良し悪しに

左右されるものではありません。

また、住み心地の良さや使い勝手の良さも、

土地の形に左右されるものでもありません。

 

現に弊社のお客様は、

土地予算を数百万円も圧縮しながら、

家づくをされている方がほとんどです。

そして、土地の条件の悪さを要因として、

明るさや開放感が失われてしまった家は一軒もありません。

 

家に関しても予算を縮める最良の方法は、

家の面積を縮めることですが、

合理的に無駄な部分をカットすることさえ出来れば、

開放感も使いやすさも収納力も全て失うことなく

いつまでもずっと住みやすい家をつくることが出来ます。

 

そして、土地に合わせて

明るさや開放感だけじゃなく、

プライバシーや防犯性にも優れた

間取りをつくることが出来れば、

同時に外構工事の費用も、

大きく圧縮することが出来るようになります。

 

つまり、家づくりの予算の大小は、

『土地に合わせて設計することが出来るかどうか?』

に大きく左右されるということですし、

土地に合わせて設計することさえ出来れば、

家づくりの予算を大幅に圧縮することが出来る

ということなんですよね。

 

ということで、自分たちには家づくりは無理かも・・

と諦めてしまいそうになっていたり、

建てた後、お金の不安なく暮らしてきたい・・

後々の暮らしをもっと大切にしたい・・

そうお考えになられているあなたは、

ぜひ、弊社の家づくりの考え方をお聞きいただければと思います。

 

きっと、幸せな未来が想像出来るようになるはずですから!

 

■家づくり勉強会、見学会のご案内詳しくはこちら

ブログ一覧に戻る

お気軽にお電話・メールにてご相談下さい。
勉強会・相談会へのご参加も、スタッフ一同心よりお待ちしております。

TEL:0120-12-2439

イベント案内

資料請求ページ

totop