スタッフブログ

豊かな気持ちで暮らせる住まい

室内を光に満ちた明るい空間にするためには、

窓から光を安定して採り込むことと、

その光を家全体にまんべんなく届けるための

工夫が必要となります。

 

そして、そのためには、

まずは、カーテンを閉めなくてもいい窓をつくること、

次に、窓から入ってくる光が家全体に広がるように、

室内の仕上げをしていかなければいけません。

 

では、カーテンを閉めなくてもいい窓をつくるためには、

どうすればいいのかと言うと、、、

そうしたい窓を、

外から丸見えの窓にしないようにすることです。

カーテンを閉める一番の原因が外からの視線だからです。

(もちろん、室内からは外が見えるようにしながらです)

また、直射光が入って来過ぎることも、

カーテンを閉めてしまう原因となることから、

直射光の採り込み方にも工夫する必要があります。

眩しすぎる光はテレビが見にくくなる原因にもなるし、

床や家具などの痛みの原因にもなりますからね。

 

さらに、ガラスにも一工夫を加えると、

室内がもっともっと明るく生まれ変わります。

意匠性も高く、かつカーテンを閉める必要がない

透明でもなく、かつスリでもない

ガラスを使用することによって、

より家全体に明るさをもたらすというわけです。

 

このように以上の3つのコトに留意して

窓をつくることが出来れば、

無駄に多くの窓をつくらずとも、

たくさんの光が室内に入ってくることになります。

 

窓の本数も減すことが出来るため、

窓にかかるコストも大幅にカット出来ますし、

同時にカーテンにかかるコストもカット出来ますしね。

 
光を拡散するための工夫


次に、入ってきた光を

家全体に拡散させていくようにするのですが、

そのために欠かせない1つ目の要素が、

『白』を内装の基本カラーにすることです。

白が最も光を拡散してくれるカラーだからです。

 

また、光に満ちた明るい空間にするためには、

天井にもしっかり光が届くようにすべきなので、

天井と同じ高さの室内ドアを使ったり、

天井と同じ高さの窓を使ったりすることで、

より光が縦横満遍なく拡散していくようにします。

 

さらに、廊下をつくらないことも大切なことですね。

廊下が出来れば、そこで光が遮断されやすいですからね。

そこを明るくしようと思えば、

余分に窓を設置しなくてはいけなくなり、

コストアップの原因にもなってしまいますしね。

 

以上の点に留意すれば、

暗くなりがちな天井付近だったり、

暗くなりがちな家の北側にまでもしっかりと光が届き、

一日中、家全体に安定した明るさを

もたらすことが出来るようになります。

 

自然の光に満ちた明るい空間は、

あなたに心地いい時間を与えてくれることでしょう。

 

また、光の動きによって

時間の流れや四季の移ろいが感じられることは、

あなたに心の豊かさをもたらしてくれることでしょう。

 

さらに、光に満ちた明るい空間は、

あなたの住まいの開放感を、

さらに増大させてくれることでしょう。

 

とうことで、

いつも自然が感じられる光に満ちた家にするためにも、

カーテンがなくても暮らせるような住まいを

提案してもらってください。

 

そして、豊かな心で暮らし続けることが出来る

住まいづくりをしていただければと思います。

■家づくり勉強会、見学会のご案内詳しくはこちら

ブログ一覧に戻る

イベント案内

資料請求ページ

totop