スタッフブログ

住宅ローンの考え方

同じ金額を銀行から借りるとして、

単純に、その毎月の返済額が、

90,000円になるのと105,000円になるのでは、

一体どちらの方を選ばれますか?

 

また、返済負担が高い80,000円を選んだ場合、

家づくりにかけられる予算が、

90,000円の場合より数十万円減ってしまうとしたら、

それでも95,000円の返済の方を選びたい

と思われる方はいらっしゃるでしょうか?

 

もちろん、この質問を聞いただけであれば、

わざわざ95,000円の方を選ぼうとする方は、

絶対にいないでしょう。

 

しかし、この条件に加えて、


90,000円の方は、

返済金額が変わらないという保証がないのに対して、

95,000円の方は、

返済金額がずっと変わらないという保証があるとしたら、

あなたは一体どちらを選びたいとお考えになりますか?

 

この質問に対しての答えは、

人によって異なってきます。

収入金額、準備出来る自己資金の金額、

年齢、土地の有無、仕事の将来性、

といった様々な条件によって。

 

ですが、もしあなたが、

返済金額や予算的な理由で、

目先の返済金額のことだけを考えて、

返済負担が安い住宅ローンを選ぼうとしているとしたら、

もう一度家づくりの予算から見直す必要があります。

 

もしあなたが、毎月の返済の限界が、

90,000円だとお考えであれば、

95,000円という選択はすべきではないでしょう。

 

しかし、かといって、

目先の返済の負担を軽くするために、

単純に金利が安い変動型の住宅ローンを選ぶべきもありません。

 

この場合、返済が安定する固定型の住宅ローンを選びつつも、

毎月の返済を90,000円でおさめるように、

家づくりの資金計画を行うようにすべきです。

 

そのためには、貯金を自己資金として入れるか、

あるいは、親御さんからの援助金を募ることで、

借入額を少しでも減らすようにすべきでしょう。

あるいは、それが難しいとしたら、

家づくりの予算を削るようにすべきでしょう。

 

土地の予算を圧縮したり、

家の予算を圧縮したり、

あるいはその両方を圧縮することによって。

 

さらに、もしあなたが90,000円の返済をする場合、

老後のために充分な貯蓄していく

余裕がなくなってしまうとしたら、

もっと家づくりの予算を減らすようにすべきです。

 

例えば、老後資金のために、

さらに5,000円の予算を減らす必要があるとしたら、

もっと土地の予算を圧縮すべきでしょう。

もっと家の予算を圧縮すべきでしょう。

あるいは、その両方を圧縮するようにすべきでしょう。

 

そのためには、

土地に対する思い込みや常識を一旦リセットした上で、

土地探し・土地選びをする必要があります。

 

そのためには、

家に対する思い込みや常識を一旦リセットした上で、

間取りの計画を立てる必要があります。

 

しかし、それが出来れば、

今よりも家づくりの予算を圧縮しながらも、

より暮らしやすい住まいをつくることが出来ます。

耐震性や耐久性もより向上させながら。

 

ということで、家を建てる時には、

今のコトだけを考えてするのではなく、

将来のコトまで考えた上で、

予算計画を行い、住宅ローン選びを行い、

その上で家づくりの計画を立てていただければと思います。

 

■家づくり勉強会、見学会のご案内詳しくはこちら

ブログ一覧に戻る

イベント案内

資料請求ページ

totop