スタッフブログ

洗濯作業をストレスフリーでこなす方法

洗濯作業は、同じフロアで全てが完結出来れば、

ずいぶんと手間が楽になります。


つまり、1階に洗面脱衣室があるならば、

干場も片付ける収納も1階にある方が合理的ですし、

2階に干場や収納をつくるとしたら、

洗面脱衣室も2階にある方が合理的であるということですね。

 

そして、それを実現するために、

1階にあるキッチンや洗面脱衣室に勝手口を設置し、

外構工事で隣の家との間にテラスをつくるという方法があります。

2階のベランダまで洗濯物を干しに行くのに比べると、

遥かに動線が短くなりますからね。

 

ですが、この方法は、

本当に洗濯作業の手間を楽にしてくれるのでしょうか?

 

給湯器から距離が離れ過ぎると、

お湯が出るまでの時間が余分にかかってしまうという理由から、

今の家の間取りは、

キッチンと洗面脱衣室を近くに配置するのが一般的です。

 

それゆえ、キッチンに勝手口があろうと、

あるいは、洗面脱衣室に勝手口があろうと、

洗濯物を干すまでの距離は、

2階のベランダに比べてずいぶんと近くになります。

 

しかし、この場合、


後になって後悔するであろう問題点が、

いくつか出てきてしまいます。

 
問題点その1:完全に外に出て作業しなければいけない・・・


この動線の場合、

洗濯物を干す作業は、完全に外に出て行うことになります。

となると、夏は汗だくになりながら

洗濯物を干さないといけなくなるし、

冬は、ブルブル震えながら洗濯物を干さないといけなくなります。

 
問題点その2:取り込むのに手間がかかる・・・


また、乾いた洗濯物を家の中に取り込む際、

勝手口を通じて、

何度も外と中とを行き来しないといけないため、

取り込むのに手間がかかるのも、

この間取りの、見過ごすことが出来ない問題です。

 
問題点その3:いつもキレイにしておかないといけない・・・


そして、もう1つの問題が、

勝手口を出て、

お隣さんの家との間のスペースに干すわけですから、

必ずと言っていいほど、

誰かに見られたり、誰かに会うであろうことです。

 

となると、さすがにノーメイクやパジャマ姿で

外に出て行くわけにもいかないため、

それも考慮した上で、

日々家事をこなさないといけなくなってしまいます。

 
洗濯作業を合理的に楽にこなせるようにするためには?

洗濯作業の手間を減らすためには、

まず、干す動線を短くする必要があるのですが、

この際、注意しなければいけないポイントは、

わざわざ外に出て干さないといけないような場所に

干場をつくらないということです。

 

1階でありながら、ベランダに干す時のように、

部屋から手を伸ばしただけで干すことが出来るとしたら、

干す作業がとっても楽になりますよね?

 

この動線がつくれれば、

同時に取り込むという作業もずいぶんと楽になります。

なんせ、室内に居ながら、

洗濯物を取り込むことが出来るわけですからね。

 

また、もう1つ大切なポイントは、

いかに周囲の人たちの目に触れないよう出来るか?

ということです。

 

洗濯物が周囲の人たちの目に触れることがなくなれば、

生活感が一切出なくなり、

常に、美しい外観を維持することが出来ます。

 

また、家族構成も分からなくなるため、

防犯面においても安心出来るようになります。

なんせ、洗濯物を見たら、

職業や家族構成が分かってしまいますからね・・・

 

そして、一切人目を気にすることがないということは、

ノーメイクやパジャマ姿のままで、

洗濯作業をすることが出来るということなので、

時間帯を気にしながら洗濯作業をする必要もなくなります。

 

これらが全て実現出来れば、

家事の手間を減らすことが出来るだけじゃなく、

家の景観さえも美しくすることが出来ます。

 

もし、あなたが、

少しでも家事の手間をカット出来る家にしたい・・

そして、見た目も美しい家にしたい・・

そうお考えであれば、

これらを全て実現した弊社の住まいを、

ぜひ見に来ていただければと思います。

 

いつでもご案内させていただきます!

ブログ一覧に戻る

イベント案内

資料請求ページ

totop