スタッフブログ

【Study】災害に強い事

  • 【Study】災害に強い事

基本的には災害に強い家が良いでしょう。

でも、中にはそんな事は考えていない住宅会社もある。

デザインを優先させたり、要望を聞きすぎて構造が破綻した家とかです。

そんな家は大きな地震に耐える事などできません。

倒壊する事も考えられます。

つまりは生命の危険があるという事ですね!!

「そんな、いつ来るか分からない事を考えてもしょうがないでしょう??」

なんて言う人も居ます。

いつ来るかが分からないから備える分けです。

来てからでは間に合いませんからね!!

エイジングハウスの家では全ての家が耐震等級3にしています。

これはお客様から要望が出ようが出まいが同じです。

ただし「耐震等級3」が取れそうもない要望が出てきたら引っ込めていただくように言います。

今の法律では耐震などの構造的責任は「建築士」が負う事になっています。

責任をとれそうもない場合は仕事をしない事が身を守るためですからね!!

「業務上過失」とか、お客様の要望を入れたために起こった悲劇も全て建築士が責任を負うわけです。

姉歯事件がそうでした。

要望を出した会社ではなかったですからね。

そうです。

建築士は色々災害にも備える必要があります。

なので土地選びなどもそっちもよく考えての剪定にはなっている。

崖の下に家なんか建てて、家が巻き込まれたなんてなって「説明が無かった」なんて言われたくありませんからね。

災害に強い家の前に災害の起きない場所って事も大事です。

家の構造計算をするのも災害時のシミュレーションです。地

震が来た時の備えをしている。

同時に風の対策も取っています。

備えあれば患いなしって事ですね!!

ブログ一覧に戻る

お気軽にお電話・メールにてご相談下さい。
勉強会・相談会へのご参加も、スタッフ一同心よりお待ちしております。

TEL:0120-12-2439

イベント案内

資料請求ページ

無料個別相談会

E-BOOKダウンロード

totop