スタッフブログ

【Study】健康と空気!!

  • 【Study】健康と空気!!

「健康のために水には気を使っています!!」

って人って結構多いですよね~。

でも、飲料で体内に取り込む環境化学物質はわずかに

8%に過ぎないんです。

ちなみに食品は7%です。

体内に取り込まれる

環境化学物質の83%は

肺から取り込まれている。

ここまで書いたら水や食品に気を使うより

「空気」に気を付けないとダメであることは

歴然としてきますね!!

でも、そんな事を言う人はあまりいません。

R+houseの家を建てようとしている人は

そこも考えている方たちです。

空気で人は変わる。

病気などの多くは

空気から始まっているって考えると良く分かると思います。

風邪もそうだし、

鼻炎やアレルギーに喘息などなど、

全ては空気が原因です。

その空気をどこで吸うのか??

って事もよく考えた方が良いでしょう。

普通の人は家に10~12時間は居ます。

家の空気が大事になるという事です。

特に睡眠の時が危ないって事はあまり知られていません。

色々な建材からは化学物質が揮発しています。

昼間は空気中に浮かんでいますが、

夜になると重たい化学物質は下に沈むことになる。

その場所に人は寝ています。

高濃度の化学物質を寝ている間に吸い込む事になる。

朝起きたら鼻水が止まらないってのは

それが原因でしょう。

そうならないためには内装材に

気を使わないといけないという事になります。

で、「自然素材」とかになるのですが、

自然素材も気を付けないと

化学物質だらけって事も有る。

普通の木でもホルムアルデヒドが

含まれていたりしますから気を付けた方が良いんです。

物事を知らない建築屋さんほど怖いものはありません。

家の空気環境は大事ですが、

あまり注目はされていません。

換気システムとかに目が行って

大事な内装材はあまり関心を

示さない事が多いと言えます。

長く住まう家ですから、

そこは気を付けた方が良いでしょう。

R+houseの家は

そこもしっかりと考えて建てられています。

ブログ一覧に戻る

お気軽にお電話・メールにてご相談下さい。
勉強会・相談会へのご参加も、スタッフ一同心よりお待ちしております。

TEL:0120-12-2439

イベント案内

資料請求ページ

無料個別相談会

E-BOOKダウンロード

totop