スタッフブログ

【Study】数字マジック!?

  • 【Study】数字マジック!?

数字はどうにでもなるからですね??

一番恐ろしいのはその数字は「設計値」

であると言う事です。実際の現場が

その数字であるかどうかは分かりません。

施工が悪くて断熱材の性能が発揮

できていないとすると設計上の数字

より悪くなっているって事になる。

そうなるとますます現場での体感が重要になる。

そして恐ろしい事に断熱は内装材が

大きくかかわってくると言う事も覚えていた方が良いでしょう。

同じ性能の家でもベニヤやビニールクロスの家

と無垢材で仕上げた家では体感がまるで違ってくると言う事です。

よって断熱性能を感覚的に高めるには内装材も考える必要がある。

冷たい床では高性能の家でも寒いです。

床に体温を奪われるからです。同じ空間で木の棒と鉄の棒を

握ったらどちらが冷たく感じるか??

たぶん鉄の棒が冷たいと感じるでしょう。

この時、両方の棒の温度を測ると同じ数字になります。

数字のトリックです。

数字はよく考えないと騙される可能性があります。

数字ばかり並べる営業マンには要注意でしょう。

まあ、数字でしか比べないって人も居ますから、

その人はそっちの世界でやればいいでしょう。

自分は数字だけでは信用しません。

感覚を信じる。よって体感が重要です。

体感してみて判断する。それが一番分かりやすい。

体感して分らない場合は採用しない事ですね!!

特に「やすら木の家」は空間の体感しかありません。

やすら木の家を数字や言葉で説明する事も出来ますが、

それだけで理解する事は不可能です。

体感して感じ取れるかどうかでしょう。

空間には行った時のリアクションで全てが解ります。

感性がどれだけ有るかどうかです。

頭で考えて判断するようなものではない。

考えると考えるだけ欲が出て来るので、

数字が欲しくなっていくのでしょう。

その先にはやすら木の家は無い。

凄くシンプルな世界です。

ブログ一覧に戻る

お気軽にお電話・メールにてご相談下さい。
勉強会・相談会へのご参加も、スタッフ一同心よりお待ちしております。

TEL:0120-12-2439

イベント案内

資料請求ページ

無料個別相談会

E-BOOKダウンロード

totop