スタッフブログ

【Study】自由設計だからこそ土地価格が抑えられる

自由設計だからこそ土地価格が抑えられる

もしあなたが、資金計画をした結果、

家づくりの総予算を少しでも抑えなければいけない

という現実に直面したとしたら、

必ずと言っていいほど、

土地の予算を圧縮しなければいけません。

 

家づくりの予算を圧縮するために、

家だけにその負担を集中させてしまうと、

非常に住みにくい家になってしまったり、

品質の悪い家になってしまう可能性が高くなるからですし、

そもそも、家だけの工夫では、

そこまで大きな予算の圧縮にならないからです。

 

また、さらなる予算圧縮のためには、

同時に、庭の予算圧縮も欠かせない要素なのですが、

それを実現するために欠かせないのが、

土地の予算を圧縮するための基礎知識です。

 

ですから、今回からは、

土地を少しでも安く購入するための秘訣と言いますか、

それを実現するために必要な基礎知識について、

お伝えしていきたいと思います。

 

では、資金計画によって、

土地にかけることが出来る予算が明確になった

ということを前提として、

その秘訣を3つに分類してお伝えしていきたいと思います。

 

(資金計画もしてないまま土地を探すなんてことは、

確実に予算オーバーしてしまう自殺行為なので、

家づくりは、まずは資金計画から始めなければいけない

ということを絶対に覚えておいてくださいね。)

 

秘訣その1:土地の日当たりの良さにこだわらない

 

土地の値段は、日当たりの良さに大きく左右されます。

もちろん、日当たりが悪そうな土地は安く値段がつけられ、

日当たりが良さそうな土地は高く値段がつけられるわけですが、

その理由は、土地を買おうとしている誰しもが、

日当たりが良い土地を買いたいと思っているからです。

 

ですが、日当たりが良いということは、

=家が建つ南側がオープンな状態になっている

ということでもあります。

 

となると、その南側のオープンなスペースに向かって

つくった大きな窓は、

そのままでは外から丸見えの状態になってしまいます。

周囲に住まれている人や、

そこを通行する人たちから丸見えの状態になってしまいます。

そして、それを防ぐためにカーテンをつけてしまいます。

 

また、大きな窓の防犯的な不安を解消するために、

台風の時の強風を避けるために、

暑くて厳しい直射日光を防ぐために、

その大きな窓にはシャッターをつけてしまうようになります。

(実際、閉まっているお家をよく見ませんか?)

 

さらに、防犯的な不安を解消するために、

塀や庭にも、より多くの工事を施すようにもなります。

 

そして、これらが積み重なった結果、

家や庭にかかる費用が、

どうしても割高になってしまいます。

土地の価格も一番割高であったにもかかわらず・・です。

 

✔️なんのための自由設計、注文住宅なのか?

 

他方、日当たりが悪そうな土地は、

めちゃくちゃ不人気であるため、

ずいぶん割安に値段が設定されているのをよくお見受けします。

 

また、不動産屋さんは、

売れにくそうな土地ほど早く処分したがるため、

大胆に値段交渉が出来、

さらに割安でお得に土地を購入することが出来たりします。

 

それゆえ、土地価格を大胆に圧縮するためには、

誰もが狙わないこういった土地を狙うようにすべきなのですが、

「日当たりが悪そうな土地=暗くてジメジメした家になる」

というネガティブなイメージが先行してしまっていることから、

誰もがこういった土地を避けようとしてしまいます。

 

ですが、自由設計というのは、

本来、土地が持つメリットを活かすだけではなく、

土地が持つネガティブなデメリットを

解消するための手段であるはずです。

 

例えば、日当たりが悪そうな土地であったとしても、

太陽の光を採り込みたいリビングダイニングキッチンを、

南に建つ家から距離を開けた場所に配置すれば、

たとえ日当たりが悪そうな土地であったとしても、

明るくて開放的なリビングダイニングキッチンを

つくることは可能でしょう。

 

あるいは、より高い位置から太陽の光を採り込むようにすれば、

たとえ日当たりが悪そうな土地であったとしても、

明るくて開放的なリビングダイニングキッチンを

つくることは可能でしょう。

 

つまり、設計の工夫をさえ出来れば、

どんな土地であったとしても、

その土地が持つデメリットを解消することが出来るというわけです。

 

もしあなたが、家づくりの予算を

大きく圧縮しなければいけないとしたら、

決して、日当たりが良い土地にこだわらないようにしてください。

決して、新規分譲地の南側道路にこだわらないようにしてください。

 

これらは、あなたの家づくりの予算をより増大させ、

なのに、薄暗くて住みにくい家をつくってしまう可能性が、

高まっていくだけです。

 

明るく開放的な家をつくるために、

土地の日当たりの良し悪しは、

ほぼ関係ないといっても過言ではありません。

 

ですから、土地の日当たりの良し悪しにこだわることなく、

あなたが住みたいと思うエリアで、

土地探しをするようにしていただければと思います。

 

この事実をご理解いただき、

同じエリアで、同じ環境で、

より安く土地を購入していただければと思います。

うまくいけば、相場の半額ぐらいで、

土地が手に入るかもしれませんからね♪

 

■家づくり勉強会、見学会のご案内詳しくはこちら

ブログ一覧に戻る

お気軽にお電話・メールにてご相談下さい。
勉強会・相談会へのご参加も、スタッフ一同心よりお待ちしております。

TEL:0120-12-2439

イベント案内

資料請求ページ

無料個別相談会

E-BOOKダウンロード

totop