スタッフブログ

予算オーバー

  • 予算オーバー

家造りで起こる後悔の中で一番多いのは「予算オーバー」でしょう。

限られた予算で計画を進めていくのになぜか起こる予算オーバー。

どこに原因があるのか??

ほとんどが住宅会社の担当に原因があります。

経験不足とかプロ意識の欠落とかが主な原因です。

予算を最初できっちりと決めていない事や、要望の受け過ぎとかが具体的な要因になります。

お金の話を曖昧にしてスタートすると必ず予算オーバーは起きると考えた方が良い。なのでお金の話もせずに、「たたき台のプランとかを作ってみましょうか??」

なんて営業マンが言い出したら危険です。

資金の裏付けのないプランなど意味がない。

そのたたき台を元に要望を聞き出したら止まらなくなるのが工事費です。

お客様は「予算内で納まる」と考えているし、営業マンは「お金は有るんだろうな??」って考えながらやっています。

結果は恐ろしいぐらいの予算オーバーになる。

なので最初に資金計画をしっかりと立てて、それから家のプランをする。

資金計画で建物の本体価格も決まります。

すると面積も決まる。

仕様が決まれば必然的にそうなるわけです。

そうなると要望とか聞けません。

資金計画がおかしくなる。

なので「資金計画をオーバーしますが大丈夫でしょうか??」って事で確認ができるわけです。

プランを出した時に「リビングをもう少し広くしたい」とか言われても資金計画をオーバーするという事で判断していただける。

すると予算オーバーは起きない。

お金の話をしない要望ばかり聞くと工事費は上がり続けます。

つまり、家がどんどん大きくなる。

使わない「ゲストルーム」とかが出てきたりしたら恐ろしい予算オーバーでしょう(笑)

夢と同時にお金も膨らむのが家づくりです(爆)

それを制御するのが我々、プロの仕事なんですが、意識の低い会社ではそれが出来ない事が多いようです。

予算オーバーはお互いの悲劇です。なのでそんな事が起きない会社で建てた方が良いですね。

それを見分けるのは簡単です。

「たたき台のプランを作りましょうか??」とか「取り合えづどんな家が良いかお話しください」とか、お金の話の前にしてくる会社ではやらない事ですね!!

ブログ一覧に戻る

イベント案内

資料請求ページ