スタッフブログ

  • 生涯設計!
    image

    一生をどう暮らすのか??

    家を建てる人の多くは子供が

    小学校に入るからその前に!!

    みたいな事が多いです。小学校が6年。

    中学高校が3年ずつの6年。

    合計で12年間。これがお子様と

    暮らせる時間になります。

    その後はよその大学に行ったりして

    家を出る可能性が高い。

    12年の事で子供部屋を作る訳です。

    子供はやがて就職して結婚をします。

    結婚となるとまたあわただしくなる。

    両方の家に行ったり来たりする事になる。

    その時は新築して20年近く経過しています。

    そこで住設などのリフォームとかが出て来る。

    20年もたてば設備も古くなりますからね!!

    結婚したら当然孫とかできる。

    その孫を連れて帰って来る。

    そうなると空き部屋だった子供部屋がゲストルームになる。

    さらに年月が進むと今度は

    二階の寝室に行くのがおっくうになって行く。

    一階の和室を寝室にリフォームする事になる。

    みたいに家を建てたらどんどん人も家も歳を

    取って行きます。要するに今の現状だけで

    設計すると後で大変な事になると言う事です。

    中には

    「それでも今が大事!!」

    みたいに言う人が居ますが、

    その場合は今の事を設計できる

    未来の見えない設計者にお願いする事が良いでしょう。

    あっという間に時間は過ぎます。

    今の子供は今しかない。明日の子供は明日の子です。

    住宅ローンなども一生涯の収支を考えてみると

    分かりやすい。どこで家計が赤字

    になるかが分ります。それをどうやって

    阻止するかも計画できるし実行もできる。

    子供の進路とかでも大きく変わるので、

    人生設計に一度考えたら面白いかもしれません。

    自分も52歳ですから

    この世に居られるのも30年を切り込んでいます(汗)

    元気でいられるのはもっと短いでしょう。

    そう考えると時間はいくらあっても足りません。

    ボーっとしている暇などは無いって事です。

    時間は有限で、人は必ず死ぬって事を

    毎日肝に銘じておく事です。

    家造りもそれで変わるかもしれません。

    時間は有効に使いましょうね!! 

  • 設計とは?
    image

    家って設計者が何を考えているかで大きく変わります。

    コストばかりを考える人は

    「いかに安くできるか??」

    って考えます。

    するとその家に住まう人の事などは

    全く考えないで家の間取りとかが決まる。

    設計者は安く設計する事がお客様のためとか考えている訳です。

    でも、お客様は「安い家」が希望でも

    何でもなかったりします。そんな家の場合、

    生活が始まってから

    「なんでこんな材料だったんですか??

    最近建てた人の家は他のもので、

    それが凄く良かったんですけど??」



    「それは予算が厳しくってそうなりました」



    「えっ??差額はいくらですか??」



    「そうですね、40万円ほどです」



    「まあ、言ってくれたら出したのに!!」



    「どうしますか??って言いましたよね??」



    「もっと強く言ってくれればよかったのに!!」



    「・・・・」


    みたいな事になる。

    設計者の考えだからそれはしょうがない事でしょう。

    ただ、こんな感じの事が良く起きているって事は

    設計者のくせを知っておくと便利だと言う事になります。

    会社の中に設計者が居る場合はその癖が

    会社のくせになる訳です。

    雑誌とかがあるとその会社のくせが書いてあります。

    その癖が受け入れられるかどうか??

    一番良いのはその会社の設計者に

    会って話をしてみる事です。

    しっかりとした考え方を持っている人

    であればしっかりとした家ができます。

    「お客様のニーズに合わせて設計します」

    とか言われたら気を付けましょう。

    何も芯が無い人です(笑)

    家をどう考えているのか??

    住まう家族をどうしたいのか??

    基本的な事を聞いてみる。

    デザインや間取りの話をしている人はアウトです。

    まあ、設計者は図面を書く事だけが

    好きな人とかいますからね(笑)

    オタクって人です(汗)

    家は設計者で変わる。

    それだけは覚えておきましょうね!!

  • リフォーム業者って?
    image

    今やリフォーム業界は異業種からの参入が多く、

    専門が何かも分らないのが現状です。

    電気屋さんでもリフォームやっていますからね(汗)

    そんな会社に外壁の塗装工事をさせても、

    知り合いの塗装やさんにやらせているだけの事。

    その中に建築のプロは居ない。

    よって、外壁の劣化なども分らないって事になる。

    多くのリフォーム業者には建築のプロは存在していないって事が多くとても危険である

    指揮者の居ないオーケストラみたいなもの。

    まあ、バンドマスターがしっかりしておけば

    それなりの音楽にはまとまるでしょう。

    ところがリフォームとなると

    そのバイオリンの奏者に直接仕事を

    依頼をするようなもので、

    フルートの事を聞いても分らないのと同じ事です。

    自分達は家一軒を総合的に見て行きますから、

    全てが分かる。

    バイオリンの部分だけ依頼でも他はどうかも見る事が出来ます。

    つまり、自分達みたいな住宅会社はリフォーム全般を見れるし、

    構造をまでも見えて来るので間取りの変更とかもできる。

    でもリフォーム業者の多くはパーツの交換のみで終わりです。

    はっきり言えるのはリフォーム業者では新築の家は建てられないって事ですね!!

    修理はできるかもしれません。

    どっちに頼むかはお客様の考え次第でしょう。

    多くの場合「お金」で決めてあるような気がします。

    そんなリフォーム後の家に行ってみると、

    「なんでこうなっているんだろう??」

    みたいな事が多い。良く分かっていないからですね!!

    人の仕事まで責任が持てませんから!!

    瑕疵保険も他社でリフォームしたら

    失効する場合もありますからお気を付けください。

    リフォームは難しそうで簡単な事ですけどね。

    よく考えたら分かります。

  • 高品質、低価格??
    image

    「うちはどこよりも良い家を建てるからね!!

    しかもどこよりも安い!!」

    「そうなんですね??」

    「高品質を低価格で!!がモットーです」

    「・・・・・」

    なんて会話は良くある事です。

    品質を上げると当然上がるのはコストです。

    コストが上がればプライスも上がる。

    これって当然ですね。そこが矛盾するのが安い家なんです。

    安には安い理由がある。

    当然ある物が無かったり、

    工程が省かれていたりです。

    そうしないとあの価格は出せません。

    俗に言うローコストメーカーです。

    食べ物もそうですが安いものには理由がある。

    処分品に並んでいるのは大抵が賞味期限間近な物。

    他は形が崩れた物などがほとんどです。

    産地の分からないものなどは安くても買いたくない。

    家も同じです。

    規格外の材料で建てれば安くなる。

    一山なんぼの商品が存在します。

    B級品ってな物もある。

    そのような物を使えば安いはずです。

    当然、保証などは無い。

    安い家で驚いたのは網戸がオプションだった事です。

    どうするんでしょうか??

    必要な物までオプションって(汗)

    建て売りでしたが買った後に

    すぐにリフォームですからね(汗)

    安い事は良い事ですが、

    当然にある物までが無かったりするのは怖い事です。

    そう考えると断熱などの見えない部分も

    当然ですが無いかもしれません。

    建築基準法では縛りは無いですからね!!

    普通に住める家を建てたいのであれば安さ

    自慢をする業者は止めた方が

    良いかもしれません。危険です(汗)

    そうそう、ローコストと言う言葉は原価の事で、

    価格の安い家はロープライスとなるのが

    正解です。何ゆえローコストなのかは分かりません。

    なんでだろう??

  • 安さで勝負?

    「うちは同じ仕様でどこよりも安いです!!

    うちで検討されませんか??」

    なんて言ってる会社が有ります。

    どこよりも安いってどうよ??

    って感じです。

    まあ、価格の安さに魅了を感じる人

    はそれが良いでしょうが

    「安いものには良いものは無い」

    って考えている人はそっちには行かないって事です。

    こんな事を言う会社ほど

    「犬小屋から豪邸までなんでも建てます!!」

    とか言いますからね!!

    犬小屋を建ててる会社に

    豪邸をゆだねる人が居るのかって話です。

    駅前の食堂では宴会はしないのと同じ事です。

    守備範囲ってものが有る。

    安さを宣言すると安さにこだわる方が

    集まってきます。これはしょうがない事です。

    そこで起きるのが住宅ローンが

    通るのかどうかって問題です。

    営業マンは銀行の窓口で、

    「どうにか通してください。

    それで仕事になるかどうかが決まりますんで!!

    お願いしますよ」

    って感じで泣きつきます。

    銀行側は綱渡り的な融資ほど

    怖いものは無い訳ですから

    即答はできない。

    それで時間だけが過ぎて行きます。

    お客様もお客様で出来た時間でもっと

    安い会社は無いかって動き回るので、

    同じ物件のローンが別会社から

    銀行に持ち込まれるって事になる。

    皆さんがうんざりです。

    自分はこのような事をした事

    は無いですし、経験した事も無い。

    大体安売りはしません。

    どうなるのかを知っているからです。

    多くの会社がそれでダメになって行きました。

    安さは誰のためなのかを

    よく考えておかないと悲劇が起きます。

    安い事自慢の会社で建てる事がどんな

    危険が潜んでいるのかも考えておく必要がある。

    長く存在するかどうかって事です。

    薄利多売的な会社は流れが一度

    止まったら危険な状況になりますから要注意です。

    安さ自慢の会社ばかりが元気そうに見えますが、

    いずれ戦いが終わり生き残れるのは

    半分ぐらいでしょう。

    再来年の消費税率アップで判断できると考えています。

  • 自然素材って?
    image

    先日、ショールームにご来店いただいたお客様

    そのやり取りが、今の家の問題の一つシックハウスについて的を得た

    お話たできたので、その一部始終をお伝えさせていただきます。



    お客様:「新居に引っ越して体調を悪くする人って多いですよね、

    なぜ、新居で体調が悪くなるんでしょうか??」



    私:「新建材から揮発する化学物質が原因なんですよ。

    それに対する国の基準も意外と曖昧で。例えばアルコールで考えると。

    弱い人は全く飲めないし、強い人はいくら飲んでも酔いませんよね。

    今の建材の基準は普通の人(ちょっと強めの人)が基準だといえます、

    それ以下の方くぉ無視されているようなものですね」



    お客様:「全くの安全基準ではないって事ですか?」



    私:「そうなんです。一般論的なものと考えるべきで。

    化学物質に反応する人にとっては安全基準をクリアした家でも危険です」



    お客様:「それでは無垢材とかで造れば良いって事でしょうか??」

    私:「無垢材が全て良いのかって事も問題です。

    ホルムアルデヒドを馬鹿みたいに放出する物も有りますからね」



    お客様:「自然素材でもですか??」



    私:「実はアスベストは自然素材ですよ」



    お客様:「はっ!!」



    私:「自然素材(偽物)=体に良いは危険な発想です。

    もっと深く考えて対応する事が必要になります。」



    お客様:「○○ハウスさんで、相談させていただいた時に、

    すべての建材がフォースターなので大丈夫って言われたのですが?」



    私:「フォースターは13の揮発性物質の内ホルムアルデヒド

    とクロルピリホスのみで安全としており、

    それ以外の物質については対象にされていないんですよ!

    そのため、残りの11物質でアレルギー反応がある方にとっては

    フォースターって全くあてにならない安全基準なのです!」



    お客様:「でも自信を持って、安全って言われましたよ!」



    私:「実際のところこのような説明などはほとんどないのが

    現状でしょう。まあ、住宅のプロの方でも、

    このあたりの事は知らないって事も多いんですよね」



    お客様:「では、我が家はどうした方が良いのでしょうか??」



    私:「床のフロアと壁のビニールクロスは使わない、

    工事の時に使うボンドもこだわる必要があります、

    それから天然の塗り壁で家具や家電から揮発してい

    化学物質を吸収させる事がいいです。」



    お客様:「珪藻土とか漆喰とかですか??」



    私:「珪藻土は、一般的に流通している物はボンドと併用して

    塗るタイプになります、珪藻土自体は天然の物でも、

    ボンドが化学物質なので実はあまりよくないんですね!

    漆喰も調湿効果ってほとんでないんですね」



    お客様:「それじゃどんな材料がいいんですか?」



    ここから先は次回のブログでお伝えします。

  • 室内ドアは少なくてもいい?
    image


    室内ドアは少なくてもいい?

    その理由は

    断熱性能を上げている事で、

    ドアで冷暖房の間仕切りを作る必要が無くなったからです。

    ドアを付けても良いけどお金の無駄ですからね!!

    最初に無くすのがシューズクロークです。

    間仕切りドアを無くして暖簾で視線を遮る。

    それで十分です。匂いの問題はサンゴの塗り壁が解決します。

    次が玄関ホールとリビングのドアでしょう。

    ここは設計上、視線を切る必要がある場合は取り付けます。

    がそれ以外は無くしてもいいでしょう!

    実生活では有っても閉めませんからね。

    後は個室以外のドアが無い。

    リビングとローカにはドアは無い。

    ここも視線は暖簾でOKです。

    全館冷暖房の考えなので、

    仕切る必要が無くなるって事です。

    「ドアは無くて大丈夫ですか??」

    なんて見学会の時に質問されますが、

    「今でどうでしょうか暑いでしょうか??」

    って切り替えすと

    「そうか、快適だから閉めなくていいか」

    みたいになる。

    この考えをお伝えする事が固い頭の設計者でしょう。

    昔ながらの考えで設計するとドアだらけの家になるんですね(汗)

    一般の家とドアの少ない家では内装ドア代が30~50万円ほど変わります。

    そう考えると高断熱化で100万円アップとか言われたら、

    「内装ドアを減らした設計にしてください」

    みたいに言ってしてもらえば50万円

    ぐらいのアップで抑えられるって事です。

    これは意外に知らない人が多いです。

    断熱性能を変えるって事は設計手法まで変わるって事。

    根本を変えたら全く別な考え方で家を設計する事になります。

    逆に言うと昔の家の設計を高断熱化にするって事は

    非常に無駄が多いし理にかなわないって事になりますから要注意!!

    この辺りがいわゆる

    「ブドウ型住宅」と「リンゴ型住宅」の事になって来るんですね。

    家って面白いですね!!

  • 資金計画
    image

    家の計画を始める場合、

    最初に行わないといけないのが「資金計画」です。

    検討する会社に行って最初にお金の話を聞かれない

    ままプランが進んでいる場合は危険な会社だという

    認識を持つべきです。

    資金計画が立てられないと、

    家の大きさなどが全く把握できません。

    それでプランをするなんてナンセンスな事なんですね。

    財布の中身が分からず、買い物に行くようなものです(汗)

    さて、我々が何を基準に総予算を弾いて行くのか??

    最初に気になるのは「年収」です。

    年収が分かると住宅ローンの借入額が計算できます。

    税込み年収の約6倍が最大借入額になってきます。

    500万円でしたら3,000万円となります。

    年収を割り出す場合は職業を聞き出して推測します。

    経験で分かる(笑)

    借入金額が分かれば後は手持ち資金です。

    そこが分かれば総予算額が分ります。

    土地からの場合、どのエリアに求めるのかで

    単価が分ります。

    総予算から敷地の予算を割り出します。

    この時に平屋なのか2階建なのかが分かる。

    平屋が希望な場合は資金計画を見直す必要などが出てきます。

    土地の予算が組めたら後は建物です。

    建物は多くの会社で単価は決まっています。

    うちは40万円~50万円の間になる。

    すると逆算で建物の大きさが分って来る。

    残りは付帯設備です。

    カーテン、照明器具、外構工事などです。

    ここにも予算を組む。

    資金計画を立てて予算配分をして計画を実行して行きます。

    ここまでできたら同じような仕様の家を見る事が

    良いかもしれません。

    部屋の大きさだったり仕上がり

    具合だったりが分ります。

    外構などの雰囲気も分かる。

    それからプランを行う事になります。

    大きさと仕様が決まって来るのでそう

    多くの答えはありえません。

    すぐに決まる。

    資金計画を最初に行う事はプランを

    同時に進行している事と同じ事です。

    お金も分からずプランを行う会社は危険な会社です。

    最終的には「予算オーバー」と言う悲劇

    が待っているだけの事。

    お互いの時間の無駄使いを行っているような物です。

    プロに正直に話して資金計画を立てる事が

    良い家ができる事になるんですね!!

  • 図面の良し悪し
    image

    「これがお客様の図面です」

     

    なんて言われてお客様の目の前に出てきたのは

     

    細かな数字や記号の入っている、

     

    線が沢山の絵みたいなものです。

     

    見ていてもちっともわかりません。

     

    その絵みたいなものを得意げにしゃべる

     

    担当者は宇宙人か??みたいな感じです。

     

    「で、ここにキッチンに入るドアが有って、

     

    これがキッチンです。どうです。使いやすそうでしょう!!」

     

    「・・・はい。そうですね??・・・・」

     

    話が延々と続きますがまるで分りません(汗)

     

    これは打ち合わせ風景で良くある事です。

     

    お客様、特に奥様には図面は読めません。

     

    図面で説明するぐらいなら簡単なパースの方

     

    がはるかに空間を把握できる。

     

    単線で二次元の図面はプロしか分かりません。

     

    にもかかわらず、なぜかCADで

     

    書かれたこてこての施工用の図面を

     

    お客様に渡すって事は、ある意味酷い事でしょう。

     

    レストランに行ったらメニューが英語だった!!

     

    みたいな事です。分ったふりで突っ走るしかない(笑)

     

    では、お客様にはどうしたらいいのか??

     

    実際の建物を見せて説明するのが一番です。

     

    すると確実に空間の把握ができます。

     

    「このキッチンはこの前の見学会の家と同じです」

     

    「ああ、そうなんですね。あれぐらいなんですね。だったらよかったです」

     

    で終わる。それにパースが有れば完璧ですね!!

     

    今ではCADでパースがすぐに書けるので、

     

    それを大いに利用する事が良いでしょう。

     

    三次元にした方が分りやすい。

     

    立面図よりもパースです。

     

    出来る技術者ほど図面に色々なデータを落とし込んでいきます。

     

    現場での作業時には非常にありがたい事ですが、

     

    お客様は混乱するだけの事です。

     

    もう少し気を使った方が良いでしょう。

     

    介護保険の仕事で手摺とスロープの仕事との

     

    依頼が有ったんですが、

     

    その時に別の業者が提案した図面ってのを

     

    見せてもらいましたが、

     

    自分が見ても良く分からないほどの

     

    書き込み用で、ビックリしました。

     

    それを簡単にパースで書いて

     

    「こんな風に仕上がりますよ」

     

    って出したら、

     

    「これだったら分かります。最初の図面は

     

    何回説明されても分かりませんでした」

     

    図面も「誰のための??」

     

    が有りますから気を付けましょう!!

  • リビング階段は寒い!?
    image

    「リビング階段は寒いって聞いたんですが??」

    なんて質問を受けたりします。

    知り合いが建てられたりして

    リビング階段にした結果が「冬が寒い」って

    事だったんだろうと思います。

    結論から言わせていただければ、

    「断熱次第です」

    って事です。

    新省エネ基準以下でリビング階段を

    設計するとまずい。

    冬は熱気が2階にどんどん逃げて行きます。

    暖房が効きません。

    逆に夏は涼しいでしょう。

    階段が煙突みたいな役目をしてくれます。

    冬が寒すぎるのは考え物ですからやめた方が良い。

    リビング階段は次世代省エネ基準以上での設計が

    良いでしょう。

    そうすれば冬も問題は有りません。

    家の冷暖房も全館を考えると良いでしょう。

    苦肉の策として「扉を付ける」

    という手段も有ります。ただし、

    面倒くさいでしょう。

    リビング階段はそもそも高断熱仕様の

    家の設計手法だったかと思います。

    断熱性能を高めると、

    局所での冷暖房ではなくなる。

    するとローカで接続する意味が無い。

    よって階段をリビングにも降ろせるって事です。

    それをスタイルだけ真似て起きた悲劇が

    「リビング階段は寒い事件」でしょうね??

    同じような事で「吹き抜け」もでしょう。

    これも断熱性のが低い家で吹き抜けを作ると、

    階段以上に寒いです。

    開口面積が大きいだけに煙突効果も抜群ですね!!

    住宅の設計は総合的な事を考えてできています。

    そこには設計者の信念もあれば、

    生活スタイルも入っています。

    健康をどう考えるかで内装材や断熱材も大きく変わります。

    リビング階段は何の目的なのかをお聞きし

    将来どうなるかを考えて設計する必要があります。

    その時の断熱条件は書いた通りです。

    そうしないと寒いです。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 >>

イベント案内

資料請求ページ