スタッフブログ

  • 家づくりのタイミング
    image


    今年の家造りはどうするべきなのか??

    時間ごとに追いかけると最初にやって来るのが

    今年の3月頃か??

    という金利アップの時期でしょう。

    住宅ローン金利も上がるような気がしてなりません。

    そこで、事前審査を行い、低い金利を抑えておく必要が出てきます。

    上がらなければ必要ないですが、転ばぬ先の杖ですね!!

    次に大きなポイントになるのが「9月」です。

    9月中に工事請負契約を締結出来た分は、

    消費税率は8%で大丈夫になります。

    よって、量産メーカーはこのラインに追い込むことは間違いない。

    8%に増税された時も大きな分岐点になりました。

    この時期は要注意でもありますから、

    どうせ建てる予定の人は早く動くか、

    余裕のある人は来年以降に動かした方が良いでしょう。

    なぜかというと、前回と同様に、

    資材不足に職人不足が間違いなく起きるからです。

    何せ、今のこの時期でも職人不足が激しいからです。

    仕事は有っても工事が出来ないって現象が起きています。

    年間80万戸程度の職人しか存在していないと言う事なんでしょう。

    一気に工事が増えると業界はパニックになります。

    工事費は上がり契約通りに工事はできなくなる可能性が高いと言う事です。

    それを避けるにはその時期をずらすのが賢明だと言っているのです。

    また、次が平成29年の3月中の完成で、

    消費税率は8%のままで行けます。

    が前回はこのラインでのトラブルが多く発生しました。

    契約は3月末完成だったのに、

    出来上がったのは5月末。

    よって消費税はアップしてしまうし

    家賃は払わないといけない。

    しかも3月で引っ越す意思を伝えていた住まいは

    出る事になり、アパートを再契約しての引っ越し。

    ギリギリに回避するという技を使うと非常に危険です。

    本当に危険な時期になりますので、

    建てる方も慎重になられた方が良いと考えます。

    無理をすると大変な事が起きる。

    よって、早く動くのが賢明だ!!

    土地代も時間と共に上がるのは必至でしょう。

    住宅業界は最後のバブルとまで言われています。

    今造成されている土地などはそこに向けてのものです。

    残ったら安くなるでしょうけどね?? 

  • あけましておめでとうございます。
    image

    明けましておめでとうございます!!

    さて、今年はどんな年にして行こうか??

    なんて考えていますが、

    自分の計画通りに行く事

    はほとんどないのが人生です。

    でもできるだけ目標に

    近づけるのかが人の努力だと考えます。

    今年やすら木の家を建てて、

    住まう人を幸せにする事が最大の目標になります。

    今年は色々な意味で大きな変化が起きる兆しありです。

    何がどう変わるかは分かりません。

    新たなステージが始まるのかもしれません。

    自分は組織をしっかりと作り上げるのが最大の目的です。


    今年もどんな年になるかは誰にもわかりません。

    が、自分の目標がある限り、

    その目標を達成する努力をする事が大事だと考えています。

    何もしなくても時間は流れて行きます。

    流される事は簡単な事。

    そうでは無く自分で舵を切り漕いで進むのが人生です。

    今年も色々な事が起き、立ちはだかる事でしょう。

    でも、必ず乗り越えて行く。

    それが自分です。

    今年も頑張りますので、よろしくお願いいたします!!

  • 家の本質??
    image

    「健康住宅」ってなに??

    って事を考えると、住宅業界って変な事が多い。

    何をもって健康住宅というのか??

    何の定義も有りません。

    木材の内装材を使うとそう言っている

    会社も有れば、☆☆☆☆の商品

    でそういう会社もあります。

    自然素材で健康住宅っていうのも有るし、

    なんでもありの健康住宅です。

    なぜそうなるのか??

    それは、そういったワードに反応する人

    を引き付けるためです。

    健康住宅っていう本質を見ている訳ではない。

    健康ってイメージってこうかな??ってレベルです。

    だから、本当に「健康」という事で家を探している人は諦めて、

    そういった会社から居なくなっていくわけです。

    イメージで探す人が建てていく。

    よって商売は成り立つって事。

    健康住宅って看板で反応して建てた人は

    良く分かっていない人って事になる(汗)

    イメージだからしょうがない。

    環境に良いからハイブリッドカーを買うようなもの。

    車体の価格をガソリン車と比べたら、

    ガソリン購入費でまかなっているかを

    考えるべき買い物なんですが、

    イメージで買わせるのがメーカーの手法です。

    ハイブリッド専用車などは比較もさせてくれません。

    上手い商売だと思います。

    さて、家の本質ってなに??って事になりますが、

    そこはかなり難しい事になります。

    量産メーカーなどそこを追求すると

    量産ができなくなるのでそこには入って行けません。

    ごく少数の会社しかその様な考えは持っていません。

    逆に、お客様もそのエリアを探そうとしている人も少ない。

    本質を分かる人はなかなか居ないって事です。

    でも、中には直感的に家の本質を見抜く方がいらっしゃいます。

    そうです。フォースの強い方ですね!!

    ここに家の本質を文章で書いても

    理解できる人はあまりいないと思います。

    たとえば食事の本質って何ですか??

    って事をすぐに答えられる人が居るでしょうか??

    さて、その時にコンビニ弁当は食べても大丈夫なのか??

    って事になるんですが、

    コンビニ弁当って何でしょうか??

    美味しくって、求めやすい価格で、

    腐りにくいもの。

    商売の要素で大きいのが

    腐りにくいって事ではないのか??

    食べる方からすれば関係は無い事ですから、

    ここが本質から外れている訳です。

    家も同じ事です。それは感じるしかないでしょう。

    心を静かにして見学会とかで感じる事です。

    一番まずいのは説明を長く受ける事でしょう。

    言葉には嘘が入ってきます。

    そしてそれで欲が出る。

    欲を刺激されると理性が無くなります。

    気を付けましょうね!!

  • 設計とは?
    image

    設計をする人は凄く多方面に物事を考えています。

    ですから、お客様の変更の要望などが出た時も、

    その事ばかりではなく、耐震性能や断熱性能、

    そして価格面に使い勝手とか、

    建築基準法などの法令などまで考えて行きます。

    よって、出されたプランはそれを考えてのものです。

    変更が起きたら崩れる物。

    「ドアを引き戸に変更したいです」

    という簡単な変更ですが、

    これでプランによっては

    耐震性が変わる。

    引き戸の便利さか耐震性か??

    また、資金的な判断か??

    などで判断せての

    回答がプランになっている。

    耐力壁を削り引き戸へ変更と

    言う事になり、価格も上がるという結果になる。

    「窓を大きくして明るくしたい」

    って言うのも多い要望です。

    窓が大きくなれば断熱性能が落ちる。

    特にリビングの窓を大きくと

    言う事になれば一番使う空間の断熱性能が落ちる事になる。

    また、耐力壁が少なくなり耐震性が悪くなる。

    なんて考えて打ち合わせを進めています。

    いつもが葛藤の繰り返しです。

    いうとおりにする事は簡単ですが性能面が

    落ちるって事でです。


    要望を聞き入れてそれをどこかで

    補充できないかも考えます。

    構造的な組み換えとか

    サッシの性能を上げるとかです。

    が、価格も当然上がる。

    全てはお金の計算です。

    一般的に簡単そうな変更ほど

    色々な要素が絡んで面倒な事になる。

    基本的な性能に関わる場合

    が多いからでしょう。


    まだ未熟な設計者のプランで

    あれば伸びしろ(??)が

    あるかもしれませんが

    熟練の技術者のそれには遊びは有りません。

    「プランは煮詰めるもの」

    みたいな事を量産メーカーとかに言われたら

    それは嘘ですから頭の中から捨ててください。

  • 平屋という選択!?
    image

    平屋が良いのか??2階が良いのか??

    最近は平屋が増えています。

    田舎だからそうなる事が

    多いですね!!

    土地が広いと言う事です。

    でも、住宅密集地では

    かなり厳しいのが平屋でしょう。

    平屋と聞いて用意する

    土地は最低でも80坪です。

    できれば100坪は欲しいところ。

    でも、住宅街で100坪は厳しい。

    よって少し田舎に移動する事になる。

    そうなると今度は交通機関とかが不便になる。

    たまに出る駅周辺の100坪とかは

    恐ろしく高かったりする。

    需要と供給の法則ってやつでしょう。

    色々と考えるとどっちが良いのか分からなくなる。

    子供に聞けばはっきりします。

    「2階が良い!!」

    で、終わり。でも、

    大人にすれば階段の

    上がり降りが不便に感じる訳です。

    階段をどう考えるかで決まると言って良い

    。運動なのか労働なのか??

    資金的に考えるとお金が掛からないのは

    2階建です。土地も小さくて良いし、

    建物も安くできる。

    総予算が抑えられるのは2階建って事です。

    平屋は土地も広いし建物も高くなる。

    そうなれば総予算は上がるって事です。

    お金で選べば2階建。

    動きやすさで言えば平屋って事でしょう。

    平屋は設計者泣かせでもある。

    デザインがやりにくい。

    高さが制限されるので

    水平面でのデザインになる。

    が、水平面ではなかなか難しいのが住宅です。

    下手すれば「公民館」になる(笑)

    さてどうしましょう的なのが

    平屋のデザインです。

    どの会社も苦労をしている様子がうかがえる。

    なかなか大変ですからね(汗)

    そこで現れる救世主が外構です。

    外構で視線を変える事で

    水平線のデザインを

    少し高さを出せたりします。

    緑が入るだけで全然違ってきます。

    これは2階建でも同じ事ですけどね!!

    平屋か2階か??

    それは資金計画で決まると言えるでしょう!!

  • 数字マジック!?
    image

    数字はどうにでもなるからですね??

    一番恐ろしいのはその数字は「設計値」

    であると言う事です。実際の現場が

    その数字であるかどうかは分かりません。

    施工が悪くて断熱材の性能が発揮

    できていないとすると設計上の数字

    より悪くなっているって事になる。

    そうなるとますます現場での体感が重要になる。

    そして恐ろしい事に断熱は内装材が

    大きくかかわってくると言う事も覚えていた方が良いでしょう。

    同じ性能の家でもベニヤやビニールクロスの家

    と無垢材で仕上げた家では体感がまるで違ってくると言う事です。

    よって断熱性能を感覚的に高めるには内装材も考える必要がある。

    冷たい床では高性能の家でも寒いです。

    床に体温を奪われるからです。同じ空間で木の棒と鉄の棒を

    握ったらどちらが冷たく感じるか??

    たぶん鉄の棒が冷たいと感じるでしょう。

    この時、両方の棒の温度を測ると同じ数字になります。

    数字のトリックです。

    数字はよく考えないと騙される可能性があります。

    数字ばかり並べる営業マンには要注意でしょう。

    まあ、数字でしか比べないって人も居ますから、

    その人はそっちの世界でやればいいでしょう。

    自分は数字だけでは信用しません。

    感覚を信じる。よって体感が重要です。

    体感してみて判断する。それが一番分かりやすい。

    体感して分らない場合は採用しない事ですね!!

    特に「やすら木の家」は空間の体感しかありません。

    やすら木の家を数字や言葉で説明する事も出来ますが、

    それだけで理解する事は不可能です。

    体感して感じ取れるかどうかでしょう。

    空間には行った時のリアクションで全てが解ります。

    感性がどれだけ有るかどうかです。

    頭で考えて判断するようなものではない。

    考えると考えるだけ欲が出て来るので、

    数字が欲しくなっていくのでしょう。

    その先にはやすら木の家は無い。

    凄くシンプルな世界です。

  • 東南の角地!!
    image

    「日当たりは良いでしょうか??」

    これはよく出る会話の一つです。

    日本人は日当たりを気にします。

    故に土地も東南の角地が売れるし、

    当然高い!!

    なぜ良いのか??それは日当たりが良いからって事になります。

    では、なぜ日当たりが良いと良いのか??

    分かりません。

    昔からそう言っているからでしょう。

    個人的にはそんなに好きな土地ではない。

    理由はいっぱいある。

    まずは価格が高い事。

    土地の代金が大きくなり、家に予算が使えません。

    見た目や写真撮影には持って来いの家になるみたいですが

    プラン効率はあまり良くない。

    日当たりがとか言いますが、

    今の夫婦は共働きが多い。

    つまりは昼間は家に居ません。

    よって日当たりの恩恵を受ける時間は

    無いと言う事です。

    「日曜日がある!!」

    って反論が来そうですが、

    休みに家に居ますか??

    遊びに出かけていませんか??

    日当たりの良い土地には

    南側に道路があります。

    するとリビングなども南側に配置される。

    と言う事は道路からリビングが

    丸見えになると言う事です。

    ウッドデッキでバーベキューとかも丸見えです。

    子供の知り合いとかに見つかると

    いつの間にやらホームパーティーに

    早変わりって事にもなりかねません。

    角地の最大の欠点は、

    「人が溜まりやすい」

    って事です。

    外に出ようにも奥様達が家の前で永遠に

    おしゃべりって事にもなりかねない。

    子供も同じようにそこに溜まる。

    車の出入りなどもやりにくいはずです。

    電線も目の前に有る。これも欠点??

    まあ、色々有りますが価格が安ければ

    問題は無いと思います。

    でも、なぜか高い。

    それよりも北側道路の安い土地を

    買って仕様の良い家を建てた方が

    良いような気がします。

    日当たりは重要じゃないって感じです。

  • 土地のお話
    image

    掘り出し物の安い土地。

    実際に掘り出し物も存在します。

    現金化したいからとか、

    処分して財産を分けたいとかです。

    そんな土地に当たれば安くていい土地が手に入る。

    ところが、中にはキズものもある。

    自分が出会ったキズものの土地達です。

    家は建てられません??

    これは意外に多い事です。

    道路に接していない土地が安くで出ていたりします。

    一見すると道路とつながっているように見えます。

    が、字図を取ると道路のような部分に他の土地が入っています。

    つまりは道路に接していないって事。

    そうなると建築基準法上、

    家は建てられません。

    道路との間に挟まれた土地を買うしかない。

    でも、そこの所有者はそれを知っていますので、

    法外な値段で売り付けてきます。

    安い土地の場合、

    接道が有るかどうかを確認する事をお勧めします。

    現況を見ても敷地の境界線は分かりませんからね!!

    崖のそばも危険です。安く買っても崖がある場合、

    家を建てられる面積が限られていたりしますし、

    擁壁とかで予定外のお金がかかる。

    よく考えたら普通の金額で買ったのと同じって事になります。

    高低差の大きな土地はその段差をどうするかで

    お金を使うと考えるべきです。

    高すぎても低すぎてもお金はかかるって事です。

    家は建てられるけど・・・・

    みたいな土地も有る。

    要するに地盤改良が出たりして高くなってしまう土地です。

    その地域の会社であればどのあたりで改良が出るかは知っています。

    地盤改良に100万円以上かかると安かった土地が

    高い土地に早変わりです。

    地盤の事も頭に入れた方が良い。

    地盤改良は建てる会社の考え方も反映します。

    どの会社を選ぶかで

    改良になったりならなかったりします(汗)

    事故のあった土地は安い。

    これは不動産屋さんに

    聞けば教えてくれます。

    それを聞いて判断するしかないでしょう。

    因縁がこもっていたりしたら

    支障が出てきます。気を付けましょうね!!

  • 頭金のお話
    image


    「頭金はどれだけ有れば良いでしょう??」

    なんて質問は良くある質問です。その質問の今の回答は

    「全部借りた方が良いですよ!!」です。

    今の世の中は恐ろしいほどの低金利です。

    この金利で借りた方が断然お得です。

    頭金など考えない方が良いでしょう。

    まあ、いくら借りれるかの問題もありますが、

    税込み年収の6倍は借りれます。

    500万円だったら3000万円は借りれる。

    総予算を計算したらすぐに答えは出て来る。

    今なら住宅ローン控除もあり、

    10年間は借入残高の1.0%が返って来ます。

    頭金を貯めるより断然お得です。

    仮に5年間で500万円のお金を貯めて家を建てるとしましょう。

    銀行には500万円の現金は有りますが、

    その間に支払った家賃がいくらなのか??

    7万円の家賃であれば420万円のお金を使い、

    頭金500万円を貯めている事になります。

    つまり80万円を貯めたって事(汗)

    それより1.0%前後で借りた方がよっぽどお得です。

    5年固定だと0.9%ですから

    ローン控除で0.1%の利益が出る。

    10年固定でも1.15%です。

    仮に5年後の金利が上がっていたらアウトでしょう。

    計画が在るのなら早い方が良いでしょう。

    消費税率もアップしますからね!!

    低金利時代がなせる業です。

    頭金なしのオール借り入れが断然お得です。

    これが金利2.0%とかだったら

    頭金がある方が総支払額が少なくなるので有利ですけどね??

    大昔は金利が5.0%台とかでした。

    総支払額は借入金額の倍返し!!

    そう考えると今の世の中はおかしいです。

    昔の常識は全く使えません。

    「10年間は借りてローン控除を受けたのち、

    資金に余裕があれば元金を返済すれば良いし、

    自己資金を運用したければそのまま借りておけばいいでしょう」

    なんて言っています。

    住宅ローンがどのローンより金利が安い。

    資金の運用はしっかりと行った方が良いでしょう!!

  • 子供部屋
    image

    子供部屋とかを広く取る事はあまりお勧めしません。

    子供が子供部屋を個室で使う時間って

    かなり限られています。

    そのために大きな空間を作る事って意味が有るのか??

    子供が家に住むのが大体18歳まででしょう。

    大学まで家から通っても22歳までですが、

    それは少数派かもしれません。

    18歳まで居たとします。

    個室として中学生から使ったとして

    12歳から18歳までの6年間の事です。

    たったの6年です。

    6年間を個室にできればいい話ではないのか??

    まあ、4.5帖も有れば良いのではないか??

    最近の子供は家に友達をあまり連れてはこない。

    皆で遊ぶ時はリビングとかで遊んでいます。

    遊び用の空間を作ってもあまり意味は無いのではないか??

    それよりも小さい頃は大空間にしてあげて、

    そこで遊ぶようにすればいい。

    個室に変えて6年過ぎたらまた大空間にするか

    夫婦で部屋を分けて使うかを考えれば良い。

    子供はどうせ家を出て行きます。

    昔建てていた大きな家では子供部屋は

    8帖とかでした。

    でも、今その家に行ってみると夫婦二人の生活です。

    そこまで読んでいません。

    小さなお子さんの居る家造りの場合、

    「子供は18歳で家を出ますよ」

    って話をします。そして最小限の空間を

    確保してあまりの空間を収納とかに回していく。

    その方が将来は使いやすい家になる。

    子供は狭いとか言うかもしれません。

    でもよく考えてみてください。

    子供部屋って夜しか使いません。

    机が置けてベッドが置けたらそれで十分でしょう。

    文句が出たら

    「自分で建てる家でそうしたら??」

    なんて言ってあげたら良い(笑)

    まあ、最終的には夫婦でどう生活するかを

    考えての家造りが良いでしょう。

    最後は夫婦だけの生活です。

    それは定年後20年は続く。

    子供より長い時間ですからね!!

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 >>

イベント案内

資料請求ページ